文学部新着ニュース

2021年08月24日

英語文学文化専攻教授 若林茂則がJAAL in JACETシンポジウムにパネリストとして登壇します

JAAL in JACETシンポジウム:言語と分野の垣根を越える新たな応用言語学―日本における応用言語学研究の将来に向けて―

2021年8月29日13:45~15:45

JACET(大学英語教育学会)の設立60周年記念行事の一つとして行われる標記のシンポジウムに、文学部教授若林茂則がパネリストとして登壇します。

本シンポジウムは、「これまでの応用言語学の問題点と新しい応用言語学に必要とされる視点について検討する。さらに、応用言語学の解決すべき問題を『言語とコミュニケーション』と捉え直し、言語学のみに囚われない新たな応用言語学の可能性について広く意見を交わし、新たな研究連携の可能性や研究領域の創造に向けた提言を目指す。」ものです。

詳しくは https://jacet.org/jacet60th/special-symposia/ の「2. JAAL」のページをご参照ください。