哲学専攻新着ニュース

2020年02月10日

【新刊紹介】文学部教授 村井則夫監訳『人文主義の言語思想―フンボルトの伝統』

文学部教授 村井則夫監訳『人文主義の言語思想―フンボルトの伝統』が刊行されました。

 

内容紹介:

言語と知性の多様性を唱え、比較人間論を構想したヴィルヘルム・フォン・フンボルト。

彼の言語哲学が、ライプニッツ、ヴィーコ、ヘーゲル、デリダ等と織りなすドイツ人文主義の諸伝統を、思想史として描き出す。

:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*::.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*

 

ユルゲン・トラバント 著 / 村井 則夫, 齋藤 元紀, 伊藤 敦広 監訳『人文主義の言語思想―フンボルトの伝統』

■ 出版 : 岩波書店

■ ISBN : 9784000613965

■ 体裁 : 366ページ

■ 定価 : 本体8,600円+税