文学部自分たちで学びをかたちに―新授業「特別教養:実践的教養演習」

文学部では、2020年度から、「自分たちで学びをかたちに」をキーワードとした新しいタイプの演習授業「特別教養:実践的教養演習」が始まります。ひとつのテーマについて、①大学の授業で使う教科書をつくる、②学内で学術イベントをする、③動画で発信する、という3つの課題に挑戦します。文学部のすべての専攻・プログラムから参加できる全く新しい授業です。大学の学びをつくるのも、学びの成果を発信し広めるのも、自分たちの手で!――いかがでしょう?大学生活が何倍も楽しくなりそうだと思いませんか!

授業の特色

  1. 領域横断的な学び:文学部には13の専攻があり、文学・言語学・歴史学・哲学・社会学・社会情報学・教育学・心理学など、様々な学問を専門とする人が集まっています。どの学問を専門とするかによって、考え方も関心も大きく違います。では、文学部に集まるすべての人にとって面白いテーマはあるのでしょうか――答えは「YES」です。「特別教養:実践的教養演習」は、「ヒトとモノ」「いろとかたち」など、文学部のみんなが共通して楽しく考えられるテーマを軸に展開されます。異なる専門をもつ人たちが集まれば、同じテーマをいろいろな角度から見ることができて、学びも議論もそれだけ刺激的になります。いつもとは違うメンバーと、いつもとは違う議論を楽しみましょう。
  2. 主体的・対話的な学び:大学の授業のクラスサイズは様々ですが、大きいと200人を超えるような授業もあります。「特別教養:実践的教養演習」では、参加者が小さなグループに分かれて課題に取り組みます。PCやプロジェクターが何台も備え付けられた最先端の設備をもつアクティブ・ラーニング型教室で、グループのメンバーと協力しあって、課題の実現を目指しましょう。自分の考えをまとめ伝える力(思考力・表現力)、互いの意見のよいところを取り入れながら全体として優れた考えを作り上げる力、必要な作業を分担し、協力して成果を生み出す力(協働性)を伸ばすチャンスです。
  3. 実践的な学び:大学生になったら、学んだことの成果をレポートにまとめたり、みんなの前でプレゼンテーションしたりするためのアカデミック・スキルが求められる場面がたくさん出てきます。しかし、「特別教養:実践的教養演習」では、もう一歩進んで、さらに一味違うスキルを身につけることができます。テーマについて学び、理解したことを、教科書出版、イベント企画、動画発信という形でまとめ上げるのです。これほど実践的な授業は、よそにはなかなかありません。大学の授業で使う教科書を自分の手で作りたい! 学内で行われる学術イベントの企画に携わりたい!文学部の面白さを動画で発信したい!そんな気持ちのある人は、ぜひ、「特別教養:実践的教養演習」に参加してみましょう。

授業の内容

2020年度は、「ヒトとモノ」という共通テーマの下に、文学部の異なる専攻・プログラムで学ぶ参加者が協力し、刺激しあいながらともに学びます。具体的には、出版、イベント、動画発信という3つの部門に分かれ、共通テーマ「ヒトとモノ」について理解したことを(論文やレポートとは違う形で)表現するための実践的なスキルを習得します。部門ごとに、プロの編集者、脚本家、映画監督、文化資源調査の専門家などのお話もうかがいながら、必要な技術とものの見方を身につけていきましょう。

前期スケジュール

  出版部門
「本」という“モノ”を創る
イベント部門
キャンパスにおけるヒトとモノを調査する
動画制作部門
コンテンツを理解し、動画で表現する
「ヒトとモノ」というテーマについて様々な角度から論じる論稿を集め、テーマ講義の教科書を作ります 「ヒトとモノ」というテーマについて考える学術イベントを企画し、文学部の学生・教職員に参加を呼びかけます 「ヒトとモノ」というテーマについて考える動画や、この授業の学びについてアピールする動画を作成し、発信します
中村昇(哲学)
及川淳子(中国言語文化)
横山佐紀(総合教育)
中坂恵美子(総合教育)
小山憲司(社会情報)
青木滋之(哲学)
第1回 導入①授業の趣旨と内容の説明・各部門のねらいと課題
第2回 導入②各部門の活動に関わる法律上の基礎知識
第3回 共通テーマ「ヒトとモノ」に関するブレインストーミング
第4回 コンセプトの創出①本を創造する目的 モノ・文化資源の調査とは(レクチャー・ディスカッション) 動画制作の手順
第5回 コンセプトの創出②テーマと執筆者 調査①(図書館など) 前回のふりかえり、動画制作部門の目標の立案
第6回 関係全体の確認:調査とインタビュー 調査②(図書館など) 本演習の学びのアピール動画の制作①企画
第7回 「本」の具体的設計① 執筆者と時期 データ整理(リスト化) 本演習の学びのアピール動画の制作②シナリオ制作
第8回 「本」の具体的設計②作業分担 調査③(来歴など) 本演習の学びのアピール動画の制作③取材
第9回 具体的交渉①執筆内容の検討 調査④(聞き取り調査など) 本演習の学びのアピール動画の制作④編集
第10回 具体的交渉②執筆者の決定 調査結果まとめ 本演習の学びのアピール動画の制作⑤試作品の確認
第11回 前期報告会の準備 前期報告会の準備 本演習の学びのアピール動画の制作⑥再編集・構成
第12回 動画制作部門の成果報告
第13回 イベント部門の成果報告
第14回 出版部門の成果報告・まとめ

後期スケジュール

  出版部門
「本」という“モノ”を創る
イベント部門
キャンパスにおけるヒトとモノを調査する
動画制作部門
コンテンツを理解し、動画で表現する
第1回 導入①授業の趣旨と内容の説明・各部門のねらいと課題
第2回 導入②各部門の活動に関わる法律上の基礎知識
第3回 共通テーマ「ヒトとモノ」に関するブレインストーミング
第4回 原稿の分担 作業の手順・分担の確認/前期の成果の振り返り 前期のふりかえり、動画制作の手順
第5回 原稿の検討(文学・歴史) 調査①(1号館など) 共通テーマに関する学修①関連文献の講読
第6回 原稿の検討(哲学・社会) 調査②(屋外など) 共通テーマに関する学修②関連文献を用いたディスカッション
第7回 執筆者①との座談会【論文講読】 データ整理(リスト化) 共通テーマについて考える動画の制作①シナリオ制作
第8回 執筆者①との座談会【座談会】 調査③(来歴など) 共通テーマについて考える動画の制作②取材
第9回 執筆者②との座談会【論文講読】 調査④(聞き取り調査など) 共通テーマについて考える動画の制作③編集
第10回 執筆者②との座談会【座談会】 調査結果まとめ 共通テーマについて考える動画の制作④試作品の確認
第11回 後期報告会の準備 後期報告会の準備 共通テーマについて考える動画の制作⑤再編集・構成
第12回 動画制作部門の成果報告
第13回 イベント部門の成果報告
第14回 出版部門の成果報告・まとめ

(予定は変更になる可能性があります)

履修上の注意と履修方法

  • 本授業の定員は36名(3部門の合計)です。
  • 授業開始前に抽選を行います(抽選の詳細はC plusでお知らせします)。
  • 本授業では、前期の成果をもとに後期までかけて活動が完了します。授業に積極的に参加する意欲の高い方、前期後期を通じて継続的に履修できる方をお待ちしています。