社会学専攻新着ニュース

2020年01月30日

新刊紹介 相良 翔(文学研究科社会学専攻博士後期課程修了)著
薬物依存からの「回復」 ダルクにおけるフィールドワークを通じた社会学的研究

著者:相良 翔

出版社:ちとせプレス

発行日 : 2019年12月20日

定価 : 本体4,600円(税別)

ISBN : 978-4-908736-14-8

本書ご紹介・・・・・・・・・・・・・・

薬物依存者として生きていく

民間リハビリテーション施設「ダルク」におけるフィールドワークを通じて,薬物依存からの「回復」のプロセスとその意味内容を記述し,社会学的に考察。
「自分でどうにかして生きていく」ことだけではなく,「何かによって生かされている」ことも可能な社会のあり方とは。
◎補論として,4人のライフストーリーを収録。

(帯より)