フランス語文学文化専攻新着ニュース

2020年05月14日

【新刊案内】文学部教授 田口卓臣訳『ペルシア人の手紙』

文学部教授 田口卓臣の新刊『ペルシア人の手紙』(シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー著、田口卓臣訳)が刊行されました。

 

【書誌情報】

タイトル:『ペルシア人の手紙』

著者名 :シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー著、田口卓臣訳

出 版 :講談社学術文庫

ISBN   :978-4-06-519341-9

ページ数:592ページ

 

【内容紹介】

本書は、「三権分立」を説いた『法の精神』(1748年)で知られるフランスの思想家シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー(1689-1755年)の名を一躍知らしめた記念碑的作品(1721年)の新訳である。

 

【著者紹介】

著:シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー(シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー)

1689-1755年。フランスの思想家。法学を学び、ボルドー高等法院院長を務めたあと、著述活動に専念。代表作は、本書(1721年)のほか、『ローマ人盛衰原因論』(1734年)、『法の精神』(1748年)など。

 

訳:田口 卓臣(タグチ タクミ)

1973年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士後期課程修了。現在、中央大学文学部教授。専門は、フランス文学。著書に、『ディドロ 限界の思考』、『怪物的思考』ほか。

 

内容につきましては、出版社の新刊案内ページをご覧ください。