中国言語文化専攻新着ニュース

2020年04月03日

<新入生のみなさんへ> 中国言語文化専攻からのお知らせ その1 【4月3日発表】

2020年度中国言語文化専攻新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。

直接お目にかかるまでにはしばらく時間がかかりそうですが、授業が始まるまでの間、中国言語文化専攻から新入生のみなさんへは、中央大学のwebサービスを通じて情報を発信していきます。

中央大学のwebサービスは複数あります。それぞれ性格が異なるものですので、目的に応じて使い分けていく必要があります。学生証とともに文学部事務室より送付される「学生証等の送付について」「中央大学文学部新入生ガイド」「ITセンターからのお知らせ」「学生生活を送るうえで必要・便利なシステム&ソフトについて[表面]」「manaba(授業支援システム)について[裏面]」にしっかりと目を通してください。

以下、今後の専攻からの情報を受け取っていただくために、各サービスの位置づけを説明します。なお、これらのサービスにはすべて統合認証IDとパスワード(学生証とともに送付されています)が必要になります。

・C plus(シープラス)
中央大学から在学生に向けたお知らせが掲載されています。またこのサービスを利用して、住所変更や履修登録、成績確認などの手続きも行います。
現在、コロナウィルス感染症拡大にともない、社会状況が刻々と変化しています。大学もそれに応じ、在学生のみなさんに対して、次々とお知らせを出しています。統合認証IDが届いたら、公式ホームページだけではなく、C plusも必ずこまめにチェックするようにしてください。

・manaba(マナバ)
webを利用した授業支援システムです。シラバス(講義要項)の検索・閲覧、資料の配付、レポートの提出、アンケートの実施、ディスカッション等の機能を備えています。学生・教員間の双方向でのやり取りが可能であるため、授業開始までの間、中国言語文化専攻では、新入生からの質問の受付とその回答をmanabaを通じて行います。
専攻からの新入生向けのお知らせは、ログイン後の「マイページ」の「コース一覧」に、コース名「中言 2020年度 新入生」として表示されます。現在設置準備をしているところですので、ログインしてこのコース名が出ていなくても問題はありません。準備が完了しましたら、この中国言語文化専攻ホームページ「新着ニュース」でもお知らせを出します。

・全学メール
中央大学の学生全員に付与されている、Gmailサービスを利用したメールアドレスです。設定をすればスマートフォンでも受送信ができます。C plusと連動し、緊急のお知らせは全学メールにも送信されます(C plusの登録アドレスを全学メールから変更した場合は、変更後のアドレスにメールは届きます)。
またmanabaにも、更新があった場合にメールでお知らせをする「リマインダ機能」があります。こちらも初期設定では全学メールが登録されています。

まずは文学部事務室からの文書を片手にそれぞれのwebサービスへのアクセスを試みてください。何度か試して、うまくいかない場合は、各サービスに関する問い合わせ先へ連絡してみてください。また、事務室からの案内文書の中に、中国言語文化専攻の連絡先も記入されています。

各サービスへは、以下のリンクからアクセスすることができます。