中国言語文化専攻イベント

松峰莉璃氏講演会「それでも私が中国で演じる理由」開催のお知らせ

日程
2018年5月21日(月)5限(16:40~18:10)
場所
多摩キャンパス 3号館3352教室
講師

松峰莉璃(まつみね・りり)氏(俳優・脚本家・演出家)

内容

中国で最も愛される日本人女優の一人、松峰莉璃さん。
中国語学科在籍中に北京の演劇大学へ留学し、苦労の末に
学位を取得、そして中国での仕事が軌道に乗り始めた矢先に
「反日」の嵐が襲う──。

松峰さんの「これまで」を語っていただきながら、
中国との「これから」を参加者と共に考えます。

 

<講師プロフィール>

福岡市出身。幼少期からバレエを始め、北九州市立大学
在学中に留学した中国で演技に目覚める。中央戯劇学院
演技科修士課程修了。中国を活躍の舞台に選び、2011年
に出演したドラマ『鋼鉄年代』で注目される。2015年の
ドラマ『偽装者』では胡歌、王凱などのトップスターと
共演。日本の女性軍人の役にもかかわらず、人間味あふ
れる演技で視聴者の圧倒的な支持を得た。演劇や映画の
脚本執筆でも知られ、2018年には初の映画監督に挑戦す
る予定。映画出演作に『一歩之遥』(邦題『弾丸と共に
去りぬ──暗黒街の逃亡者』、姜文監督・主演)、
『羅曼蒂克消亡史 The Wasted Time』(程耳監督、葛優・
章子怡・浅野忠信主演)がある。

 

対象者

専攻・学部・学内外問わず、どなたでもご参加いただけます

参加費

無料

参加手続き

事前申し込み不要

企画実施名義

中央大学文学部中国言語文化専攻