文学部新着ニュース

2021年03月09日

文学部教授 榎本泰子の著書『「敦煌」と日本人──シルクロードにたどる戦後の日中関係』が刊行されました

榎本泰子著『「敦煌」と日本人──シルクロードにたどる戦後の日中関係』(中公選書)が刊行されました。

井上靖の歴史小説『敦煌』とその映画化、NHK特集「シルクロード」や平山郁夫の絵画など、1980年代の大ブームの背景を検証し、日本人の「大陸ロマン」に迫ります。

2022年に国交正常化50周年を迎える日中両国の文化交流の実態を、幅広い資料に基づいてわかりやすく論じた画期的な一冊です。