心理学専攻イベント

公開講座開催のお知らせ:「依存症を理解し社会での回復を促すために」

日程
2019年10月2日(水) 13:20〜15:00
場所
多摩キャンパス 3号館(中層棟) 3353教室
内容

 

この度、依存症予防教育アドバイザーをお迎えし、下記の公開講座を開催致します。
依存症予防教育アドバイザーのみなさんに依存症の基礎知識と、依存症からの回復、ライフスキルについて、わかりやすくレクチャーして頂きます。
みなさまのご参加をお待ちしております。

 

日時:2019年10月2日(水) 13:20〜15:00
会場:中央大学 多摩キャンパス(東京都八王子市東中野742-1)
   3号館(中層棟) 3353教室

 

講座概要:
アルコール・薬物・ギャンブルは、私たちのすぐ身近にあります。しかし日本では、リスクが正しく認識されておらず、依存症が回復できる病気との認識もほとんどありません。この状況を変えるため、いま必要なのは、地域で依存症の予防を進めるとともに、日本社会に根強い誤解や偏見を取り除いて、回復を応援する社会です。

 

講演者:
杉田 あきひろ(依存症予防教育アドバイザー)
元NHKうたのお兄さん
 2016年に覚せい剤取締法違反の罪で逮捕される。
 依存症からの回復施設「長野ダルク」に入寮し、プログラムを修了。
 2019年から依存症予防教育アドバイザーとして活動を始める。

 

コーディネーター:
塚本 堅一(依存症予防教育アドバイザー)
元NHKアナウンサー。
 明治大学卒業後、NHKに入局。京都・金沢・沖縄を経て東京アナウンス室へ。
 2016年違法薬物の所持・製造で逮捕。
 現在、依存症予防教育アドバイザーとしての活動や、依存症関連イベントにて司会などを行う。
 著書「僕が違法薬物で逮捕されNHKをクビになった話」(KKベストセラーズ)

 

公開講座のチラシはこちら


連絡先:中央大学文学部心理学専攻 富田 拓郎
E-mail: tomitat@tamacc.chuo-u.ac.jp

参加費

無料

参加手続き

事前予約不要

直接会場にお越し下さい