中国言語文化専攻材木谷 敦(ざいもくや・あつし)教授

1968年生まれ。早稲田大学卒、同大学院修了。中央大学文学部専任講師、助教授(のちに准教授へ改称)を経て、2008年4月より教授。

専門分野

中国古典文学(明・清代)

担当科目

中国語、中国文学概論、中国学実習、中国学研究法、中国古典文学演習、卒業論文

主な著訳書、論文

・「李漁『閑情偶寄』所収「行楽之法」の三篇をめぐって」(『紀要』言語・文学・文化第119号、中央大学出版部、2017年)

・「『中国古典戯曲序跋彙編』およびその中国古典戯曲総合データベースへの収録の意義について」(『中国都市芸能研究』第十三輯、中国都市芸能研究会、2015年)

・「謝肇淛『文海披沙』版本考」(『紀要』言語・文学・文化第113号、中央大学出版部、2014年)

・「謝肇淛『文海披沙』の一条について」(『紀要』言語・文学・文化第111号、中央大学出版部、2013年)

・『チャイニーズカルチャーレビュー』Vol.7(共訳、好文出版、2010年)

ひとこと

主な研究領域は明・清代の文芸批評。詩文論、小説論、戯曲論と、幅広く扱っています。近現代との関係を視野に入れつつ、古い時代の中国文化の諸相に触れてみませんか。