• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

火災・地震の際の行動

キャンパス内で火災が発生したら

早く消火する

冷静に身の安全を図りながら、小さな火のうちに、消火につとめる。

早く逃げる

炎が天井に届いたり、3分以上経っても火が消えなければ躊躇することなく避難を開始する。もし逃げ遅れた人がいたら、速やかに消防署員まで連絡すること。

消火器の使い方

  1. 安全ピンに指をかけ、上へ引き抜き
  2. ホースをはずして火元へ向け
  3. ホースを持ったままレバーを強く

キャンパス内で地震が発生したら

地震発生時

教室内
頭部を保護し、机など丈夫なものの下に入って、身を伏せる。現場の教職員や放送の指示にしたがう。

エレベーター

地震発生時に緊急停止しても、しばらくすると補助動力で最寄り階でドアが開くので決してあわてないこと。

揺れが収まったら

教職員がいれば、指示にしたがって行動する。余震が続く可能性が高いため、避難行動中も十分な注意が必要である。

避難後は

逃げ遅れた人や、行方不明者がいれば、すぐに教職員か消防署員に連絡する。けが人がいたら、医療関係者の到着まで応急処置を行う。

緊急時の避難場所

  1. 緊急事態の発生と避難誘導については、すべて大学から緊急放送で知らせますので、その指示にしたがって冷静に行動してください。
  2. 避難する場合は、階段、廊下などで混乱を起こさないよう注意してください。
  3. 避難する場合、エレベーターは使用しないでください。
  4. 教室その他の施設は、普段から号館名、教室番号、非常口等をよく覚えておいてください。
  5. 構内の避難場所は次の通りです。

多摩キャンパス

避難場所 号館、棟別
桜広場 1号館、2号館、図書館、8号館、9号館、10号館、11号館
ラグビー場 3号館、4号館、第1体育館、サークル棟別棟(1)、Cスクエア、グリーンテラス、弓道場、馬房
陸上競技場 5号館、6号館、7号館、炎の塔、食堂棟、第2体育館、サークル棟別棟(2)(3)

後楽園キャンパス

避難出口 号館、棟別
後楽園キャンパス
屋外コート周辺
1号館、2号館、3号館、4号館、5号館、6号館、7号館、8号館、ハイテクリサーチセンター

防災ポケットガイド

学生課では大地震の発生に備え、2013年度より防災ポケットガイドをリニューアルしました。こちらは、学生課にて学生手帳と一緒に配布しております。
防災ポケットガイドの内容は、地震発生時や発生後の対応の他に、津波や火災の被害に遭わないための対応や、応急処置や大地震発生前の備えに関しても記載してあります。こちらを受け取ってない学生は、学生課までお越しください。
また、データでも確認できます。ダウンロードしてパソコンやスマートフォン等に保存し、ご活用ください。留学生用に英語版もあります。

防災ポケットガイド
写真)防災ポケットガイド

●防災ポケットガイドは、下記PDFからダウンロードしてください。