• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

学生アパート紹介

学生アパートの紹介について

本学では、比較的安価で学生向けの物件を、多摩キャンパス及び後楽園キャンパスの中央大学生活協同組合(以下、生協)にてそれぞれ紹介しています。 ご紹介する物件は、①仲介手数料が必要なものと②仲介手数料がかからないものの2種類がありますので、自分の条件に合わせて選択してください。 なお、入学を決められた方もご利用できます。詳細は生協のオリジナルホームページをご覧ください。

中央大学生活協同組合オリジナルホームページ

これ以外に「国際寮」「国際交流寮」「食事付学生寮」(「国際交流寮」を運営する株式会社共立メンテナンスが紹介する寮)については、こちらをご覧ください。

不動産業者での斡旋街中の不動産業者は、主にその店舗周辺地区の物件を扱っています。

ワンルームのほかにも様々な物件があります。一度店内に入ると、何とか契約まで持ち込もうとすることが多いので、あらかじめ希望条件をしっかり決めてから利用しましょう!

部屋探しのポイント

一ヶ月の生活費はどのくらい?

一ヶ月の必要経費は、家賃+共益費+水道光熱費+食費のほかに、自宅通学していてもかかる費用(通信費・交通費・交際費など)です。
多摩地区の平均的家賃は約5万円です。これに共益費2千〜3千円が加わります。東京23区内ではおよそ6万〜7.5万円になります。
倹約しても月額15万円程度は必要でしょう。

住みやすい部屋の条件は?

先輩たちが挙げているお部屋選びの条件の上位は、①大学に近い  ②家賃が手頃  ③風呂とトイレが別  ④エアコンがある  ⑤駅が近い  ⑥日当たりがよい などです。
このほかに自分のこだわり条件を考えておけば、後悔しない部屋選びができるでしょう。

契約時のポイント

  • 重要事項の説明は必ず受けること。
  • 契約書は内容を確認の上、不明な点は遠慮なく確認すること。
  • 契約時の費用を確認すること。
    契約時に必要な費用は…
    家賃の3〜6ヶ月分= 敷金(1〜2ヶ月分)+礼金(1〜2ヶ月分)+前家賃(1ヶ月分)+仲介手数料(0〜1ヶ月分)が一般的なパターンです。
  • 敷金は基本的には返還されるものですが、契約時に条件等をきちんと確認しましょう。但し、通常使用の範囲を超えて著しく室内を汚破損すると、敷金を使い原状に回復させるリフォームを行います。敷金が戻らなかったり、追加請求される場合もあります。
    退去の際には、その部屋で自分が立ち会って、大家さん(管理会社)とリフォームについての確認作業を行いましょう。また、費用の詳細についても明細書などを発行してもらうとよいでしょう。
  • 賃貸契約の期間は通常2年間です。契約を更新する場合、新しい家賃が設定されたり、更新料として家賃の0.5〜1ヶ月分を徴収されることもあります。
  • アパート生活者のための保険もあります。(『アパート生活保障』など)万一のために加入しておくことをお勧めしますが、契約時には内容をしっかりと確認しましょう。

取扱窓口

多摩キャンパス:生協住まいの斡旋係 TEL 042-674-3051
後楽園キャンパス:理工生協住まいの紹介係 TEL 03-3814-5928