• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

中央大学外国人留学生会

本学の留学生相互や日本人学生との交流を目的として、全ての外国人留学生が所属しています。学内で公認されている唯一の外国人留学生団体で、大学から活動費の補助や大学施設使用の優先許可などを受け、自主的な企画、運営を行っています。その中で、後楽園キャンパスでは後楽園分会として主に活動を行っています。
過去に、スポーツ大会、白門祭での出店、クリスマスパーティー、スキー・スノーボード合宿、新年文化の交流会・プレゼンテーション等を実施しました。
また、この他に、各出身国の留学生による各国留学生会があり、活発な活動をしています。

中央大学留学生会後楽園分会会長 情報工学科 リン ジンズゥ(マレーシア)

初めまして、中央大学留学生後楽園分会会長のリン ジンズゥです。マレーシア出身です。
私は2012年の春に来日し、2013年に中央大学理工学部情報工学科に入学しました。
一、二年次とも中央大学留学生会後楽園分会の役員として頑張ってきました。

グローバル化が進んでいる現在、私は中央大学生として、そして国際人としての意識をもって、皆とは違う文化と価値観を持つ者としての役割を果たしたいと思っております。その役割とは、皆にとって我々の文化と価値観を理解するための入り口になることです。

私個人の経験ですが、海外に興味がある学生たちは多いと思います。しかし、実際に行動をとり、最後まで貫き通す人は少ないです。実際に留学している私には彼らの思いと戸惑いが理解できます。自分と異なるものに対する恐怖は、それに対する好奇心と同じぐらい強いです。多くの人は興味を持ちながらも異文化に接することに怖がり、戸惑います。そういった状況を少なくするために、我々留学生会は活動しています。

我々留学生会は留学生が中心として運営をしている活動団体です。我々は基本的に国際交流を促すこと、留学生の学友を支援することを目標としています。現在我々が毎年行っている主な活動は4月の新入生歓迎会、文理交流スポーツ大会、11月の白門際での出店などが挙げられます。いずれも日本人と留学生の交流を図るためのものです。しかしその他にも、新入生のお手伝いや小規模の交流会なども時折行っています。
今はまだ小さな団体ですが、これからはより大きな交流会や語学の勉強など多種多様な活動も行いたい所存です。

留学生会は後楽園キャンパスの1号館に留学生交流サロンという部屋でメインに活動しており、平日の昼休みなどの時間に留学生たちはそこに集まっています。留学生との交流をお求めの方や留学関係の相談がしたい方はいつでもお気軽にお越しください。