• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

学生教育研究災害傷害保険

学生教育研究災害傷害保険(通学中等の事故補償も含みます)

本学では、教育研究活動中の不慮の災害事故補償及び通学中と学校施設等相互間の移動中の事故補償のために、学部に在籍する全学生を対象として「学生教育研究災害傷害保険」に一括して加入しています。保険事故に該当すると思われる方は、速やかに次ページに記す学内担当窓口においで下さい。

保険金が支払われる場合

本学の教育研究活動中、急激かつ偶然な外来の事故により、身体に傷害を被った時、及び通学中と学校施設等相互間の移動中に発生した身体の傷害事故に対し、保険金が支払われます。

「教育研究活動中」とは

正課中
講義、実験・実習、演習または実技による授業(以下、総称して「授業」といいます)を受けている間をいい次にあげる間を含みます。
指導教員の指示にもとづき、卒業論文研究または学位論文研究に従事している間。ただし、もっぱら被保険者の私的生活にかかる場所において、これらに従事している間を除きます。指導教員の指示にもとづき、授業の準備もしくは後始末を行っている間。または、授業を行う場所、大学の図書館・資料室もしくは語学学習施設において研究活動を行っている間。
学校行事に参加している間
大学の主催する入学式、オリエンテーション、卒業式など教育活動の一環としての各種学校行事に参加している間。
上記以外で学校施設内にいる間
大学が教育活動のために所有、使用または管理している学校施設内にいる間。ただし、寄宿舎にいる間、大学が禁じた時間もしくは場所にいる間、または大学が禁じた行為を行っている間を除きます。
学校施設外で大学に届け出た課外活動を行っている間
大学の規則に則った所定の手続により、大学の認めた学内学生団体の管理下で行う文化活動または体育活動を行っている間。ただし、大学が禁じた時間もしくは場所にいる間、または大学が禁じた行為を行っている間を除きます。

「通学中・学校施設等相互間の移動中」とは

通学中
学校の授業等、学校行事または課外活動への参加の目的をもって、合理的な経路および方法により、住居と学校施設等との間を往復する間。
学校施設等相互間の移動中
学校の授業等、学校行事または課外活動への参加の目的をもって、合理的な経路および方法により、学校が教育研究のために所有、使用または管理している施設の他、授業等、学校行事または課外活動の行われる場所の相互間を移動している間。
イ「学校の授業等」とは、講義、実験・実習、演習または実技による授業のことで、指導教員の指示に基づき行う卒論研究、授業の準備、後始末などを含みます。
ロ「学校行事」とは、学校の主催する入学式、オリエンテーション、卒業式等教育活動の一環としての各種学校行事をいいます。

保険金が支払われない場合

故意、闘争行為、犯罪行為、疾病、地震、噴火、津波、戦争、暴動、放射線・放射能による傷害、無資格運転・飲酒運転、施設外の課外活動で危険なスポーツを行っている間など

保険金の種類と金額

【既加入者(平成26年3月31日以前始期の契約に加入した学生)が対象】

補償範囲 死亡保険金 後遺障害保険金 医療保険金 入院加算金
正課中、学校行事中 1,200万円 54万円~1,800万円 治療日数
1日以上が対象
3千円~30万円
1日につき4,000円
上記以外で学校施設内にいる間 600万円 27万円~900万円 治療日数
14日以上が対象
3万円~30万円
学校施設外で大学に届出た課外活動中 600万円 27万円~900万円 治療日数
14日以上が対象
3万円~30万円
通学中、学校施設等相互間の移動中 600万円 27万円~900万円 治療日数
4日以上が対象
6千円~30万円

【新規加入者(平成26年4月1日以降始期の契約に加入した学生)が対象】

補償範囲 死亡保険金 後遺障害保険金 医療保険金 入院加算金
正課中、学校行事中 1,200万円 72万円~1,800万円 治療日数
1日以上が対象
3千円~30万円
1日につき4,000円
上記以外で学校施設内にいる間 600万円 36万円~900万円 治療日数
14日以上が対象
3万円~30万円
学校施設外で大学に届出た課外活動中 600万円 36万円~900万円 治療日数
14日以上が対象
3万円~30万円
通学中、学校施設等相互間の移動中 600万円 36万円~900万円 治療日数
4日以上が対象
6千円~30万円

学内担当窓口=保険金請求書類取扱窓口

  区分 取扱窓口
正課中 授業中 所属する学部の学部事務室
その他の正課中
学校行事中 入学式・卒業式・オリエンテーション等
白門祭(大学祭)・学生部セミナー等 学生課・理工学部学生生活課
課外活動中 学友会所属部会 学友会事務室
上記以外の部会 学生課・理工学部学生生活課
休憩中 その他 学部事務室・学生課・理工学部学生生活課
通学中 通学中・学校施設等相互間の移動中 所属する学部の学部事務室

保険事故が発生したときは

保険会社への事故通知方法は、上記担当窓口で渡されるハガキを送付するか、PCや携帯、FAXでご連絡頂くこととなります。詳しくは、こちらを参照してください。
http://www.jees.or.jp/gakkensai/inform.htm
事故の日から30日以内に通知のない場合には、保険金が支払われないこともありますので、ご注意ください。

保険金の請求

被保険者、または代理人(被保険者が未成年の時は原則として親権者)は、所定の保険金請求書を下記の保険金請求先に提出して下さい。
事故証明書や医師の診断書、また死亡診断書、戸籍謄本などが必要になる場合があります。詳細は、下記に問い合わせて下さい。

事故報告・保険金請求先

〒100-8050 東京都千代田区丸の内1-2-1 東京海上日動ビル新館12階
東京海上日動火災保険(株)
本店損害サービス部 学研災コーナー
フルーダイアル 0120-868-066
TEL.03-5223-3257 FAX03-3285-0105

日常生活及び賠償責任も補償対象とする保険 [任意加入]

「学研災付帯学生生活総合保険」「中央大学学生総合補償制度」「中央大学生協・キャンパス共済」という任意加入の保険の取り扱いがあります。これらは、日常生活及び賠償責任も補償対象とする保険ですので、万一に備えて、是非ご検討ください。 詳しい資料をご希望の方は、以下の窓口までお問い合わせください。

学研災付帯学生生活総合保険  学生課 (042-674-3471)
中央大学学生総合補償制度   多摩キャンパス事業課 (042-674-2353)
中央大学生協・キャンパス共済 生協事務室 (042-674-3014) ※加入申し込みは4月のみ

対象限定の保険について

「スポーツ安全保険」、「TSマーク付帯保険」をご存じですか? サークルや課外活動でスポーツをしている方、自転車を利用している方への対象限定ではありますが、安価でお気軽に加入できる保険です(賠償責任も補償対象となります)。 前述の任意保険にご加入されていない方は、万一に備えて是非ご検討ください。

スポーツ安全保険   財団法人スポーツ安全協会

TSマーク付帯保険   財団法人日本交通管理技術協会