• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

奨学金

国際センターで取り扱う奨学金・学費減額の募集はすべて国際センター、理工学部事務室、文系大学院事務室に掲示し、事務室窓口で希望者に必要な書類を配布します。奨学金の応募を希望する場合は掲示の指示に従い必要な手続を行ってください。学内提出期限に遅れた場合は、どのような理由があっても受け付けることができませんので、十分注意してください。
また、外国人留学生ガイダンス欠席者および書類未提出者および提出書類に不備のある者、休学・停学者、修学延長者は、当該年度奨学金・学費減額の申請資格を失いますので注意してください。

1. 中央大学外国人留学生奨学金・学費減額

中央大学では外国人留学生を対象とした各種奨学金制度・学費減額制度を設けています。2015年度の実施内容は以下の通りを予定しますが、内容が変更になる可能性がありますので、詳細については必ず募集掲示またはホームページで確認してください。

名称 内容
学部入学時給付奨学金 対象 学部1年生のうち、外国人留学生入試で入学した者
応募資格 月額5万円以上の他の奨学金を受給していない者(学習奨励費と併給不可)
在留資格「留学」の者
在日扶養者がいる場合、在日扶養者の年収が500万円未満の者
給付金額 授業料・実験実習料の30%相当額
採用期間 1学年
募集時期 2017年9月下旬
学部・大学院給付奨学金 対象 学部2年生以上・研究科生
応募資格 同額以上の他の奨学金を受給していない者(学習奨励費と併給不可)
在留資格「留学」の者
在日扶養者がいる場合
在日扶養者の年収が500万円未満の者
選考基準単位を修得済みの者
GPAが2.50以上の者
給付金額 授業料/在学料・実験実習料の50%相当額
採用期間 1学年
募集時期 2017年9月下旬
学費減額 対象 学部生・研究科生
応募資格 月額8万円以上の他の奨学金を受給していない者
在留資格「留学」の者
在日扶養者がいる場合、在日扶養者の年収が500万円未満の者
選考基準単位を修得済みの者
GPAが2.00以上の者
減額金額 授業料/在学料の30%相当額
減額期間 1ヵ年
募集時期 2017年5月中旬

2. 学外奨学金

学外奨学金には、大きくわけて「大学推薦を必要としないもの」と「大学推薦を必要とするもの」の2種類があります。

大学推薦を必要としない奨学金

大学推薦を必要としない奨学金については、各奨学機関(団体)から送られてきた募集要項を、国際センター、理工学部事務室、文系大学院事務室の掲示またはホームページ(2017年4月から manaba 私費留学生コース)を確認し、事務室窓口で募集要項・応募用紙を受け取ってください。各奨学機関(団体)の応募資格を満たす人は自由に応募できます。

大学推薦を必要とする奨学金

大学推薦を必要とする奨学金についても、掲示またはホームページ(2017年4月から manaba 私費留学生コース)を確認し、必要書類を提出してください。国際センターでは、上記の資料等に基づいて、厳正かつ公平に、希望奨学機関(団体)に推薦するための学内選考を行います。選考結果は、奨学金番号を掲示することによりお知らせしますので、推薦されることが決定した学生は、国際センター窓口で応募要項等を受け取り、必要書類をそろえ、指定された期限までに提出してください。
なお、学内選考を経て学外機関に申請する場合、相手機関が正式に申請を受理したら、その後申請を取り下げることはできませんので注意してください。

3. 学内選考基準

選考基準

奨学金給付機関(団体)の定める選考基準を満たす者を対象とし、選考については、奨学金給付機関(団体)の「目的」、「募集条件」に合うこと、学力、人物、経済状況等をもとに総合的に判定します。ただし、国際センターの主催する外国人留学生ガイダンス欠席者および書類未提出者および提出書類に不備のある者は、当該年度について学内選考の対象外とします。また、研究科生は、ガイダンス中に実施する奨学金選考のための筆記試験を受験する必要があります。
併給が認められない複数の奨学金に1人の学生を同時期に推薦することはできません。また、学内選考を経て学外機関に申請をする場合、相手機関が正式に申請を受理したら、その後申請を取り下げることはできません。

学力基準

対象 参考要件
学部1年次生 日本留学試験(日本語)の得点が高い者
ただし、選考対象者全員が本学留学生入試(日本語・英語)や日本留学試験(日本語以外の科目)など同一の試験を受験していた場合には、判断材料に加えることがあります。
また、後期に募集のかかる奨学金は、前期の成績を判断材料に加えることがあります。
学部2年次以上 選考基準単位を修得済みで、前年度のGPAが高い者
ただし、3・4年次生は総GPAも判断材料に加えることがあります。
研究科生 国際センターの「奨学金選考のための筆記試験」の得点の高い者
前年度までの「成績評価係数」の高い者
選考基準単位
学部 学科 2017年度履修年次 卒業必要単位数
2年次 3年次 4年次
法律・政治(2013年度以前入学生) 34 68 102 136
法律・政治(2014年度以降入学生) 31 62 93 124
国際企業関係法(2014年度以前入学生) 34 68 102 136
国際企業関係法(2015年度以降入学生) 31 62 93 124
経済 34 68 102 133
全(2014年度以前入学生) 31 62 93 124
全(2015年度以降入学生) 34 68 102 136
全(2011年度以前入学生) 32 64 96 127
全(2012年度以降入学生) 32 64 96 126
理工 数学 32 64 96 126
生命科学 31 62 93 124
その他 33 66 99 130
総合政策 32 64 96 126

⟨日本学生支援機構奨学金の適格認定(目安)より⟩

人物基準・経済基準

「留学生カード」および必要書類を参考にします。なお、提出された書類について、明らかに虚偽の記載があると認められた場合には、選考から除外します。
また、必要に応じて面談を行うことがあります。

4. 文部科学省「私費外国人留学生学習奨励費」推薦基準について

  1. 応募者を学部・研究科別に分け、文部科学省から提示された推薦依頼人数を按分し、それぞれの枠ごとに選考を行います。
  2. 文部科学省の定める推薦基準を満たす者を対象とし、学外奨学金学内選考基準に従って推薦者および推薦順位を決定します。
  3. 採用決定後、在籍確認を2ヶ月怠った場合は、辞退とみなし、他の者を推薦することとします。
  4. 他の奨学金に推薦中の者を学習奨励費に同時に推薦することはできません。奨学金に応募する際、十分注意してください。

5. 文部科学省「国費外国人留学生(国内採用)」推薦基準について

文部科学省の定める推薦基準を満たす者を対象とし、学内選考基準にかかわらず、学内選考申込書類および面接により、学力・人物・経済状況を総合的に審査し推薦者および推薦順位を決定します。なお、推薦者決定の際、特定国、特定専攻分野に偏ることのないよう配慮することとします。

6. 奨学金申請のための5つのポイント

  1. 外国人留学生ガイダンスに必ず出席(研究科生は筆記試験を受験すること)し、必要な書類を提出すること。
  2. 奨学金の採用スケジュール・大学推薦の仕組みをよく理解すること。
  3. 国際センター・理工学部事務室・文系大学院事務室の掲示またはホームページをよく確認すること。
  4. 奨学金募集掲示・要項をよく読み、応募に必要な書類を不備なく用意すること。
  5. 応募書類の提出期限を厳守すること。

7. 奨学金Q&A

奨学金の過去の採用結果を知りたい。
8の一覧を参照してください。奨学金の募集人数には限りがありますので申請者の経済状況・成績判定が基準内であっても採用されないことがあります。前年度に採用されていても今年度も採用されるとは限りません。
複数の奨学金に申し込むことはできますか?
できます。ただし、学内選考によりいずれか一方の奨学金に推薦された場合は、他の奨学金への申請を取り下げることになります。また、学内選考を経て推薦中の場合は、他の学内選考のある奨学金には申し込めません。
複数の奨学金を同時に受給(併給)することはできますか?
できる奨学金とできない奨学金があります。奨学金によって条件が異なりますので、全ての奨学金の募集要項をきちんと確認した上で申し込んでください。
留学生の先輩から、ある奨学金は申し込んだら必ず受給できると聞きましたが、それは本当ですか?
いいえ。全ての奨学金において推薦人数・採用人数に限りがあり、申請者全員が必ず受給できるような奨学金はありません。留学生同士で情報を得るのではなく、掲示またはホームページ(2017年4月から manaba 私費留学生コース)で直接確認してください。
提出期限を過ぎてから、書類の不備に気がつきました。追加提出できますか?
できません。学内提出期限に遅れた場合、また提出書類に不備があった場合は、どのような理由があっても追加で受け付けることはできません。
友人の申請書類も一緒に提出できますか?
いいえ。受領できません。奨学金を受けようとする本人が直接「学生証」と「留学生登録カード」を提示し、申請してください。
「ガイダンス」を欠席してしまいました。奨学金に応募することはできますか?
いいえ。応募することはできません。
母国から仕送りが減り、留学生活を送ることが難しくなりました。推薦してくれますか?
仕送りが減った、という理由だけでは推薦できません。本来「奨学金」とは、生活を助ける「救済」ではなく、勉学を奨める「育英」であることを忘れないでください。皆さんの「成績」を中心に選考し、推薦することになります。
学内の「面接」はどのようなことをするのでしょうか?何か準備が必要ですか?
「面接」を要する奨学金は、主に文部科学省奨学金(国費留学生)です。奨学生としての人物基準を満たすかどうかを確認するとともに、あなたが提出した申請書類をもとに記載内容について確認しますので、経済状況や研究内容等について十分把握した上で面接にのぞんでください。
選考結果について納得がいきません。理由を教えてください。
選考については、学内選考基準に基づき総合的に判断して決定していますので、合格基準値等採否結果については明示することはできません。
学内選考に合格し、推薦されることになりました。奨学金がもらえるということですか?
いいえ。推薦されたということは、中央大学内の選考の結果、学外団体の奨学金に申し込むチャンスが与えられたということです。学外団体での選考の結果、不合格となる場合もあります。

8. 奨学金一覧(2016年2月から2017年1月までに募集案内があったもの)

9. 2017年度奨学金募集掲示一覧
 (2017年3月まで。4月以降は manaba 私費留学生コースに掲載)

学内選考あり

※平成29年度の国費留学生(国内採用)の公募はありません。

募集中

募集終了

学内選考なし

募集中

過去参考

学内選考あり

学内選考なし

10. 奨学金推薦者一覧

2017年度(2017年3月までに推薦者が決定したもの)

2016年度

icon_get_adobe_reader.png

PDFファイルは、 Adobe社が無料配布するソフト「Acrobat Reader」のご利用により、印刷物をほぼそのままのかたちでご覧いただけ、プリンターで印刷することもできます。
PDFファイルをご覧にいただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方はAdobe社のサイトよりダウンロードのうえご利用ください。