• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

野島記念Business Award
審査基準

審査基準・項目は以下の通りである。

発想

目的 :何のため、誰のために事業を行うかが明確であるか

着眼点:新規、革新的な側面を見いだせているか

分析

顧客分析:市場・顧客の特徴、成長性が把握出来ているか

競合分析:競合他者の把握、棲み分けが出来ているか

基本戦略

商品  :独自性があり、魅力的な商品であるか

価格  :ニーズに適しており、採算のとれる価格設定が出来ているか

販売戦略:経路を確保出来ているか

宣伝  :ターゲットに適した宣伝を打ち出せているか

実現可能性

収支 :収支、資金調達等が的確であるか

将来性:発展性がみられるか

プレゼン力(予選決勝)

プレゼン技術:事業を魅力的に伝えるプレゼンテーション技術はあるか

質疑応答  :審査員との質疑応答に的確に答えられているか

審査項目ごとの最大配点

審査基準 審査項目 書類審査(100) 予選(100) 決勝(100)
発想 目的 15 5 5
着眼点 15 5 5
分析 市場・顧客分析 15 10 10
競合分析 15 10 10
基本戦略 商品 7.5 5 5
価格 7.5 5 5
販路 7.5 5 5
宣伝 7.5 5 5
実現可能性 収支 5 10 10
将来性 5 10 10
プレゼン力 プレゼン技術 15 15
質疑応答 15 15

書類審査における審査優先順位

⇒①発想、②基本戦略、③分析、④実現可能性

予選における審査優先順位

⇒①実現可能性、②基本戦略、③分析、④プレゼン力、⑤発想

決勝における審査優先順位

⇒①実現可能性、②基本戦略、③プレゼン力、④分析、⑤発想