• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

戦争と中央大学プロジェクト

戦争と中央大学プロジェクトについて

 戦争と中央大学プロジェクトでは、戦後70年の節目に講演会、シンポジウム、展示などをとおして、戦争と中央大学を考える機会を学生、学員、教職員、社会に提供し、またこの取組みを教育に還元して参ります。本年、創立130年を迎える本学の歴史を知り、それを若い世代に語り継いでいく機会にしたいと考えております。
 このプロジェクトは学部長会議のもとに設けたワーキンググループによって運営しています。

戦後70年記念講演会

 2015年7月8日、中央大学名誉教授菅原彬州氏を招いて、「戦中・戦後の中央大学」をテーマに講演会を開催しました。
 講演会の模様は 講演録(5.7MB)をご覧ください。
 また、在学生向け広報誌『HAKUMON Chuo』に記事が掲載されました。こちら(2.7MB)をご覧ください。同記事は、Chuo Onlineに英訳版が掲載されています。こちらをご覧ください。

戦後70年記念シンポジウム

2015年10月21日、シンポジウムを開催いたしました。

コーディネーター : 文学部教授 松尾 正人

パネリスト : 経済学部教授 土田 哲夫
法学部准教授 岡田 大士
総合政策学部教授 松野 良 一

詳細はこちらからご覧ください。

また、当日、松野良一教授のセッションで上映した動画「元特攻志願兵の証言 -中央大学と戦争-」は 多摩探検隊サイトからご覧いただけます。

在学生向け広報誌『HAKUMON Chuo』に記事が掲載されました。こちら(3.0MB)をご覧ください。

シンポジウムの模様は 記録(3.8MB)をご覧ください。

戦後70年 -あらためて戦争と中央大学を考える-(展示)

1)2015年10月13日から25日にかけて多摩キャンパスにおいて展示を行ないました。
展示図録はこちら(2.9MB)からご覧ください。

2)2015年12月8日から17日にかけて後楽園キャンパスにおいて展示を行ないます。
詳しくはこちらをご覧ください。

3)2016年3月14日から27日にかけて駿河台記念館において展示を行ないます。
詳しくはこちらをご覧ください。

広報等の記録

2015年6月29日 7月8日開催の講演会について広報記事を本学ウェブサイトに掲載

2015年8月  6日 10月21日開催の戦後70年記念シンポジウム「戦争と中央大学」について広報記事を本学ウェブサイトに掲載

2015年9月17日 シンポジウム、展示についてポスター、チラシを大学、地方自治体等に郵送

2015年9月25日 展示に関する広報記事を本学ウェブサイトに掲載

2015年10月7日 「戦争と中央大学プロジェクト」ページ(本ページ)を開設

2015年10月13日 全国大学史資料協議会ウェブサイトにお知らせとして、展示、10月21日開催のシンポジウムについて案内を掲載(大学史資料課)http://www.universityarchives.jp/

2015年10月21日 シンポジウムの模様について報告記事を本学ウェブサイトに掲載

報道等

2015年7月  7日 産経新聞(多摩版)に7月8日開催の講演会について記事が掲載されました。

2015年9月25日 読売新聞(多摩版)に10月21日開催のシンポジウムについて記事が掲載されました。

2015年10月9日 読売新聞(教育面)に展示、10月21日開催のシンポジウムについて記事が掲載されました。

2015年10月9日 東京新聞の取材を受けました。

2015年10月12日 東京新聞(多摩版)に展示、10月21日開催のシンポジウムについて記事が掲載されました。

2015年10月13日 朝日新聞社会部の取材を受けました。

2015年10月19日 朝日新聞(夕刊)に本学のFLPジャーナリズムの活動について記事が掲載されました。

2015年10月21日 読売新聞(多摩版)に10月21日開催のシンポジウムについて記事が掲載されました。

2015年10月22日 読売新聞(多摩版)に10月21日に開催したシンポジウムについて記事が掲載されました。