• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

研究活動における不正行為への対応体制

本学は、文部科学大臣決定「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日)(文部科学省ホームページ)の趣旨に鑑み、「中央大学における研究活動上の不正行為の防止及び研究活動上の不正行為が生じた場合における適正な対応に関する規程」を制定し、本学における研究倫理の向上を促進することを定めましたのでお知らせいたします。

責任体制

  1. 統括責任者:学長 酒井 正三郎
    研究倫理の向上及び研究活動上の不正行為の防止等に関し、本学を統括する権限と責任を有し、公正な研究活動を推進するために適切な措置を講じます。
  2. 研究倫理教育責任者:学部長等本大学研究機関の長
    当該機関における研究倫理の向上及び研究活動上の不正行為の防止等に関する権限と責任を持ち、公正な研究活動を推進するために適切な措置を講じます。また、当該機関に所属する研究者等に対し、研究倫理に関する教育を定期的に行います。
  3. 研究倫理委員会
    研究活動上の不正行為の防止及び研究活動上の不正行為が生じた場合における適正な対応を行うための委員会です。①研究倫理の向上についての研究者等に対する研修及び教育の企画及び実施に関する事項、②機関における研究データの保存・管理・開示等に関する事項、③学生への研究倫理教育の実施に関する事項、④研究活動上の不正行為の調査に関する事項等を主な審議事項としております。

研究活動上の不正行為に関する通報・相談の受付窓口

どなたでも(学内関係者・外部の方・取引先の方等)、研究活動上の不正行為の疑いがあると思料する場合は、以下の受付窓口にこれを通報・相談することができます。通報・相談方法および記名・匿名の別は問いません(ただし匿名の場合、規程に基づく通知等が行えないことがあります)。
また、通報者が通報したことを理由として、当該通報者の研究教育・職場等の環境の悪化や差別待遇が起きないようにするために適切な措置を講じるものとします(中央大学における研究活動上の不正行為の防止及び研究活動上の不正行為が生じた場合における適正な対応に関する規程 第11条・第12条・第15条)。

【学内窓口】

〈直接〉中央大学 学事部 学事課(多摩キャンパス1号館5階)

〈郵送〉〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1
中央大学 学事部学事課 研究活動上の不正行為に関する通報・相談の受付窓口 宛

〈電話〉042-674-2188(専用番号) 〈FAX〉042-674-2158(学事部学事課)

〈受付時間〉9:30~16:30 (ただし、土・日・祝日・本学指定の休日は除く)

【外部窓口(弁護士)】

〈直接〉ウィング総合法律事務所 日向 隆弁護士

〈郵送〉〒160-0003 新宿区本塩町9 光丘四谷ビル10階

〈電話〉03-3226-5568 〈FAX〉03-3226-5578

〈E-mail〉office@wing-law.jp

〈受付時間〉9:30~17:00(ただし、土・日・祝日・年末年始等事務所休日の日は除く)
なお、面談での通報を希望する場合は、必ず事前に事務所へ連絡して予約してください。