• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

研究所紹介
沿革

1978年11月 大学附置の研究所として発足
1979年4月 研究所所長に津久井佐喜男教授(文学部)が就任
1.健康科学プロジェクト
2.体力科学プロジェクト
3.体育 科学プロジェクトの3部門で研究活動開始
1981年3月 保健体育研究所事業報告書発行
1982年3月 保健体育研究所事業報告書-2-発行
1983年3月 保健体育研究所紀要第一号発行
1984年6月 特別共同研究班「84ナイトハイク研究」を実施
1985年6月 特別共同研究班「85ナイトハイク研究」を実施
1986年6月 特別共同研究班「86ナイトハイク研究」を実施
1987年6月 特別共同研究班「87ナイトハイク研究」を実施
1988年4月 研究所所長に石田 武教授(法学部)が就任
1988年11月 保健体育研究所「創立10周年記念講演」を開催
「スポーツ科学の果たす役割」
松井秀治スポーツ医科学研究所所長
1989年4月 1.健康科学部門
2.体力科学部門
3.体育科学部門
4.運動科学部門の4部門の研究体制開始
1991年4月 研究所所長に西谷明子教授(法学部)が就任
1992年4月 研究部門体制を研究チーム体制に切り替え、新たに研究活動を開始
1992年10月 研究所主催の教職員健康・体力測定を開始
1994年4月 研究所所長に石部安浩教授(法学部)が就任
1998年11月 保健体育研究所「創立20周年記念シンポジウム」を開催
「21世紀のスポーツ」-スポーツの流れは変わるのか-
演者:金子勝彦 氏、吉村豊 氏、山口秀夫 氏、大日方邦子 氏
2000年4月 研究所所長に西谷明子教授(法学部)が就任
2000年7月 公開講演会を開催
「武道 -東洋身体文化としての特性と普遍性-」
演者:福留麒六 氏
2000年12月 公開パネルディスカッション
徹底解剖中央大学水泳部
パネラー:高橋雄介 氏、森谷暢 氏、石川三知 氏、馬場宏 氏、中大水泳部員
2001年11月 公開講演会を開催
「スポーツ弁護士の仕事 -プロ野球選手代理人を中心として-」
演者:水戸重之 氏
2002年7月 保健体育研究所シンポジウム
「スポーツを通じた国際交流・国際貢献」
パネリスト:小林勉 氏、今村貴幸 氏・片岡麻衣子 氏
コーディネーター:市場俊之 氏
2002年10月 公開講演会
「スキー技術と指導論」
演者:小林平康 氏、宮下正樹 氏
2002年12月 講演会を開催
「新救急蘇生法-ガイドライン2000-の理論と実践」
演者:小峯 力 氏
2003年4月 研究所所長に石部安浩教授(法学部)が就任
2003年11月 講演会を開催
「スポーツとメディア報道―プリントメディアの立場から―」
演者:石井朗生 氏(毎日新聞社運動部)
2004年7月 公開研究会を開催
「中国の大学保健体育科目の現状について」
講師:陳 偉強 氏(中国清華大学体育教研部教授)
2004年8月 公開研究会を開催
「中国における競技スポーツ選手強化策」
講師:陳 偉強 氏(中国清華大学体育教研部教授)
2004年11月 公開講演会を開催
「アテネで越えたハードル」
演者:谷川聡 氏(文学部兼任講師)
2006年1月 公開講演会を開催
「楽しむこと・生き甲斐と伝統的身体技法―これからの社会をどう生きるか―」
演者:今村浩明 氏(千葉大学名誉教授)
2006年4月 研究所所長に宮本知次教授(法学部)が就任
2006年7月 公開講演会を開催
「スポーツの国イングランドに学ぶ~フットボールを中心に~」
演者:瀧井敏郎 氏(学芸大学教授)
2006年11月 公開講演会を開催
「もの作りへのこだわりと勝負へのこだわり~0.03sec.=30cm~」
演者:堀江淳 氏(レグザムスキーブーツ・ヨーロッパレーシング部門担当)
2008年 7月 保健体育研究所「創立30周年記念講演会(Ⅰ)」を開催
「オリンピックスポーツ」
演者:吉井妙子 氏(スポーツジャーナリスト)
2008年11月 保健体育研究所「創立30周年記念講演会(Ⅱ)」を開催
「オリンピックのすべて」
演者:舛本直文 氏(首都大学東京 教授)
2009年4月 研究所所長に加納樹里教授(文学部)が就任
2009年11月 公開講演会を開催
「車椅子バスケットボールから発信する人間教育と大学スポーツの新たなる可能性」

演者:及川 晋平 氏(NPO法人 Jキャンプ理事長)
金子恵美子 氏(公益社団法人東京都障害者スポーツ協会経営企画室)
田中 暢子 氏(中央大学兼任講師、保健体育研究所客員研究員)

2010年7月 公開講演会を開催
「ブラインドサッカーから考える多様性―スポーツマンシップとスポーツマネジメントの可能性」

演者:石井宏幸 氏(日本視覚障害者サッカー協会副理事長)
松崎英吾 氏(日本視覚障害者サッカー協会事務局長)

コーディネーター:田中暢子 氏(中央大学兼任講師・保健体育研究所客員研究員)

2010年10月 学術国際会議(第7回日独スポーツ科学会議)を開催
2010年11月 公開講演会を開催
「スノースポーツの法的問題」
演者:坂東克彦 氏(弁護士・保健体育研究所客員研究員)
2011年11月 公開講演会を開催
「ニコニコペースの運動でも身体は若返り、速くなる」
演者:田中宏暁 氏(福岡大学)
2012年4月 研究所所長に影山義光教授(法学部)が就任
2012年12月 公開講演会を開催
「ボディーコントロールの理論と実際」

演者:右代啓祐 氏(スズキ浜松アスリートクラブ所属・ロンドンオリンピック陸上十種競技日本代表・日本記録保持者)

2013年10月 研究所所長に布目靖則教授(文学部)が就任
2013年11月 公開講演会を開催
「オリンピック教育の現状と今後-2020年をゆたかに楽しむために-」
演者:中塚義実 氏(筑波大学附属高等学校教諭・スポーツ文化研究会「サロン2002」理事長)
2014年11月 公開講演会を開催
「スポーツを通した地域貢献-法政クラブ(大学発総合型地域スポーツクラブ)の取り組みについて-」
演者:苅部俊二 氏(法政大学スポーツ健康学部教授)
指定討論者:小林 勉 氏(中央大学総合政策学部教授・保健体育研究所研究員)
2015年6月 公開講演会を開催
「スポーツで国際貢献できますか?-オリンピック・パラリンピックに向けた日本の国際貢献戦略-」

演者:岸 卓巨 氏(独立行政法人 日本スポーツ振興センター)
浦 輝大 氏(独立行政法人 日本スポーツ振興センター)

2015年11月 人体科学会第25回大会内の公開企画を共催
「公開企画『死と生と』」
特別プログラム「ぼくがいま、死について思うこと」
基調講演:椎名 誠 氏(作家)

対談:椎名 誠 氏
目黒 考二 氏(文芸評論家・作家)

シンポジウム「死と生と」

進行:鮎澤 聡 氏(筑波技術大学准教授、人体科学会会長)
遠藤 卓郎 氏(筑波大学名誉教授)

パネリスト:鮎澤 聡 氏
渡邉 勝之 氏(明治国際医療大学准教授)
高橋 和子 氏(横浜国立大学教授)
大門 正幸 氏(中部大学教授)

指定討論者:島薗 進 氏(上智大学グリーフケア研究所所長)

総合司会:宮本 知次 氏(中央大学法学部教授・保健体育研究所研究員)

2016年1月 公開シンポジウムを開催
「2020東京オリンピック・パラリンピックを目指して」

演者:和田 浩一 氏(フェリス女学院大学教授)
師岡 文男 氏(上智大学教授)
舛本 直文 氏(首都大学東京教授)

司会:森 正明 氏(中央大学文学部教授・保健体育研究所研究員)

2016年6月 公開講演会を開催
「スポーツで挑む社会貢献」

演者:久保田 敦 氏(FC東京 地域コミュニティ統括部長)
河原 工 氏(日本スポーツ振興センター・SPORT FOR TOMORROW事務局長)

2016年12月 公開シンポジウムを開催
「『八王子モデル』の発信 様々な架け橋(ブリッジング)を目指す」

演者:伊東 克 氏(帝京大学)
大石 順一 氏(日本ゴルフ場経営者協会)
北 徹朗 氏(武蔵野美術大学)
川上 寧子 氏(八王子市 都市戦略部 都市戦略課)

コメンテーター:
久保 節紀 氏(文学部兼任講師・元東京都社会教育主事)

2017年1月 公開講演会を開催
「生き活き社会とは~ヒューマンウエルネスからQOLとQODを考える~」
演者:中村 純子 氏(理学療法士・保健体育研究所客員研究員)
2017年7月 公開講演会を開催
「Jリーグの映像ビジネス」
演者:岩貞 和明 氏(株式会社Jリーグメディアプロモーション)

お問い合わせ

保健体育研究所

〒192-0393
東京都八王子市東中野742-1


042-674-3914


  • お問い合わせはこちら
  • 学びの回廊
  • HAKUMON Chuo