• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

短期留学

  • 概要
  • 応募手続
  • 各プログラム案内

1.「短期留学プログラム」とは

短期留学プログラムは、春季と夏季の年2回実施しており、本学協定校において実施される研修への参加と、その準備過程としての本学における事前研修または事前授業を受講することで、履修者に対し、本学の授業科目として単位(2単位または4単位)を付与するものです。

2.目的

参加学生に対し、本学の協定校における学習の機会を与え、外国の文化・言語・自然・社会などに関する知識を習得させ、あわせて、外国の市民や学生との親交を通じて豊かな国際感覚を養わせることを主な目的としています。

3.授業科目・修得単位

・授業科目名:学部間共通科目「短期留学プログラムⅠ・Ⅱ」  単位数:4単位

・授業科目名:学部間共通科目「短期留学プログラムⅢ・Ⅳ」  単位数:2単位

*短期留学プログラムは所属学部の単位となりますが、所属学部の授業科目として算入される科目区分は学部により異なりますので、各学部履修要項記載のカリキュラム(授業科目一覧)表で確認してください。

春季留学プログラム

2018年春季短期留学の募集期間:2017年9月25日(月)~10月12日(木) 正午まで

本学における事前研修(3回)、春季休業期間中の現地研修(3~4週間)、事後研修(1回)参加することにより、履修者に対し、派遣次年度前期の本学授業科目としての単位(2単位)を付与するプログラムです。

(1) 2017年春季 実施校

※次年度は変更になる場合があります。

授業科目(単位数) プログラム名(国名)
短期留学プログラム Ⅲ(2単位)
短期留学プログラム Ⅳ(2単位)
ハワイ大学マノア校(SPAS)(アメリカ)
ハワイ大学マノア校(NICE)(アメリカ)
オークランド大学(ELA)(ニュージーランド)
モナシュ大学、モナシュカレッジ(オーストラリア)
スウィンバーン工科大学、スウィンバーンカレッジ(オーストラリア)

*Ⅲ・Ⅳの別について、1回目の参加は「短期留学プログラムⅢ」の履修となり、2回目の参加は「短期留学プログラムⅣ」の履修となります。また、同一大学のプログラムに複数回参加することはできません。

(2) 参加要件

春季短期留学プログラムは、原則的に1~3年次生に参加資格があります。ただし、所定期間内に申込みを行い、その後の書類審査に合格しなければ参加するこができません。

(3) 募集時期

派遣前年の9月下旬頃~10月中旬頃

(4) 応募期間

派遣前年の9月下旬頃~10月中旬頃

(5) 応募方法

C plusアンケートから申込み
※理工学部生は、参加理由書が必要

夏季短期留学プログラム

2017年度夏季短期留学:募集終了(2018年度夏季短期留学募集は、2018年3月中旬~4上旬頃)

  • 短期留学プログラムⅠ・Ⅱ(4単位)の場合
    本学における前期授業(15回)と夏季休業期間中の現地研修(3~4週間)に参加することにより、履修者に対し、派遣年度前期の本学授業科目としての単位(4単位)を付与するプログラムです。
  • 短期留学プログラムⅢ・Ⅳ(2単位)の場合
    本学における事前研修(3回)、夏季休業期間中の現地研修(3~4週間)、事後研修(1回)参加することにより、履修者に対し、派遣年度後期の本学授業科目としての単位(2単位)を付与するプログラムです。
(1) 2017年度夏季 実施校

※次年度は変更になる場合があります。

授業科目(単位数) プログラム名(国名)
短期留学プログラムⅠ(4単位)
短期留学プログラムⅡ(4単位)
カールトン大学(アメリカ)
カリフォルニア大学デイヴィス校(アメリカ)
ウィニペグ大学(カナダ)
シェフィールド大学(イギリス)
テュービンゲン大学(ドイツ)
エクス・マルセイユ大学(フランス)
短期留学プログラム Ⅲ(2単位)
短期留学プログラム Ⅳ(2単位)
韓国プログラム
1.檀国大学(韓国)
2.淑明女子大学(韓国)
3.慶熙大学(韓国)

*「Ⅰ・Ⅱ」、「Ⅲ・Ⅳ」の別について、1回目の参加は「短期留学プログラムⅠまたはⅢ」の履修となり、2回目の参加は「短期留学プログラムⅡまたはⅣ」の履修となります。また、同一大学のプログラムに複数回参加することはできません。

(2) 参加要件

夏季短期留学プログラムは、原則的に1~4年次生に参加資格があります。ただし、プログラムごとの所定期間内に申込みを行い、その後の選考(面接・書類審査等)に合格しなければ参加することはできません。また、プログラムの留学期間によっては、所属学部の試験日程等との重複により、参加できないプログラムもあります。特に、理工学部性が短期留学プログラムに参加を希望する場合は、必ず事前に所属学科の学習指導委員に相談してください。

(3) 募集時期

派遣年の3月下旬~4月中旬

(4) 応募時期

派遣年の3月下旬~4月中旬

(5) 応募方法

C plusアンケートから申込み
※理工学部生は、参加理由書が必要

4.履修登録

「短期留学プログラム」の履修登録は、各プログラム参加決定時に自動的に行われます。したがって、履修者自身が当該科目の履修登録を行う必要はありません。ただし、後日チェックリスト等により、当該科目が登録されているかどうか、必ず確認してください。

5.注意事項

  • 夏季プログラム(4単位および2単位)の選考方法に関して
    英語圏:原則、書類選考(応募者多数の場合、面接等を実施する場合もあります。)
    ドイツ語圏:筆記試験および面接
    フランス語圏:面接
    その他言語圏(韓国語):原則、書類選考(応募者多数の場合、面接等を実施する場合もあります。)

※応募者多数の場合、語学力(筆記試験・当該言語での質疑応答)も含めて判断します。
モチベーション、集団生活適応力等考慮した上で、学部間のバランスを配慮した形で選考します。

  • 理工学部学生の短期留学プログラムへの参加について、理工学部の前期・中間試験日程と留学先協定校が定める留学期間の関係上、調整が必要な場合があります。短期留学プログラムへの参加を希望する理工学部の学生は必ず事前に所属学科の学習指導委員に相談の上、参加申し込み時にはCplusアンケートからの申込みに併せ、参加理由書を提出してください。
    ※参加理由書には指導教員からのサインが必要です。
  • 夏季プログラムの事前授業は、カリフォルニア大学デイヴィス校とテュービンゲン大学を除き多摩キャンパスで実施されます。毎年、授業時間割が配付される3月下旬以降に後楽園キャンパスにおける履修科目と多摩キャンパスで実施される各プログラムの事前授業が多摩キャンパスへの移動時間を含め重複しないことを各自確認してください。

【春季プログラムの流れ】

短期留学プログラムⅢ・Ⅳ(2単位)

実施時期 実施 内容
派遣前年
10月
説明会開催 プログラムごとに行います。
プログラムの概要説明・参加学生が体験談などを紹介します。
申込方法 C plusのアンケートから申込み
※理工学部生は、参加理由書が必要
合否発表 郵送通知
※パスポートは出来る限り早く取得して下さい。
11月 第1回 事前研修 研修手続きオリエンテーション
12月 第2回 事前研修 担当教員による研修
派遣当年
1月
第3回 事前研修 渡航前オリエンテーション
2月 出発
3月/4月 帰国
事後研修
レポート提出や報告会にてプレゼンテーション等

【夏季プログラムの流れ】

短期留学プログラムⅠ・Ⅱ(4単位)

実施時期 実施 内容
派遣年
3月下旬~4月上旬
応募期間・説明会実施 プログラムごとに行います。
プログラムの概要説明・参加学生が体験談などを紹介します。
申込方法 C plusのアンケートから申込み
※理工学部生は、参加理由書を別途提出
応募者選考

申込票記載内容と所属学部へ照会をし、選考。
面接の場合は、教員(通常2~3名)が面接します。※面接は、日本語以外に該当言語の2言語で行います。

英語圏:原則、書類選考
(面接等を実施する場合もあります。)

ドイツ語圏:筆記試験および面接

フランス語圏:面接

その他言語圏(韓国語):原則、書類選考
(面接等を実施する場合もあります。)

合否発表 全学メールへのメール連絡および郵送通知
4月 授業開始 履修登録は、国際センターから各学部事務室に連絡しますので、各自で履修登録をする必要はありません。
7月-8月 出発  

短期留学プログラムⅢ・Ⅳ(2単位)(韓国プログラム:檀国大学、淑明女子大学、慶熙大学)

派遣年4月中旬 説明会開催 プログラムの概要説明・参加学生が体験談などを紹介します。
申込方法 C plusのアンケートから申込み
※理工学部生は、参加理由書が必要
応募者選考 原則、申込票に基づき書類選考(面接等を実施する場合もあります。)
面接実施の場合、教員(通常2~3名)が面接し、日本語以外に該当言語の2言語で行います。
合否発表 全学メールへの連絡および郵送通知
履修登録 履修登録は、国際センターから各学部事務室に連絡しますので、各自で履修登録をする必要はありません。
5月-7月 第1回~3回 事前研修 手続き・渡航前オリエンテーションや教員による事前研修
7月-8月 出発  
8月/9月 帰国
事後研修
レポート提出、報告会にてプレゼンテーション等

※申し込む際は、資金計画について保護者の方ともよく話し合ってください。プログラムによっては、参加費用が高額になる場合もあります。

※いずれのプログラムも、事前授業/事前研修のみの受講や現地プログラムのみの参加はできません。

※同一年度に複数の夏季プログラムに参加することはできません。

※短期留学プログラムを初めて履修する場合、「短期留学プログラムⅠまたはⅢ」、2回目に別のプログラムを履修する場合「短期留学プログラムⅡまたはⅣ」となります。

※プログラムに申込み、合格した場合、原則として辞退することは認められていません。

※不慮の事態により履修を辞退する場合でも、履修中止ではなく「不合格(F)」となる場合があります。

※不慮の事態により渡航を辞退する場合でも、プログラム参加費用(渡航費用・現地滞在費用・語学研修費用およびビザ取得費用等)に関しては、それぞれに設定された取消料金規定に応じた金額を支払う事になります。

春季短期留学プログラム ※プログラムは年度によって変更になる場合があります。

2018年春季短期留学の募集期間:2017年9月25日(月)~10月12日(木) 正午まで

短期留学プログラム Ⅲ・Ⅳ(2単位)

夏季短期留学プログラム ※プログラムは年度によって変更になる場合があります。

2018年度夏季短期留学の募集期間:2018年3月中旬頃~4月上旬頃
夏季短期留学プログラムに申し込みを検討の学生は、4月に中央大学で実施される「健康診断」を受診しくてださい。

短期留学プログラム Ⅰ・Ⅱ(4単位)
短期留学プログラム Ⅲ・Ⅳ(2単位)

韓国プログラム