• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

保健センター
過呼吸症候群とは

精神的な原因(不安・ストレスなど)が身体症状として現れるものです。

不安やストレスの原因に直面したとき、あるいは直面しそうになったとき、動悸がして、呼吸が速くなり、しだいに血液中の二酸化炭素量が不足してしまいます。

すると、手足(身体)がしびれてきたり、呼吸が苦しくなったり、意識が薄らぐなどの症状がでてきます。

過呼吸発作が起きた場合は落ち着いて対処してください

意識してゆっくりと深呼吸をしてみましょう。深呼吸を繰り返しているうちに、楽になってきます。

呼吸がしにくくなるので、不安になると思いますが、まずは落ち着くことが第一です。

症状がくり返されるようなら保健センター・学生相談室などに相談してみましょう。

お問い合わせ

保健センター

〒192-0393
東京都八王子市東中野742-1


042-674-2756


後楽園キャンパス分室
〒112-8551
東京都文京区春日1-13-27

03-3817-1722


市ヶ谷キャンパス分室
〒162-8473
東京都新宿区市谷本村町42-8

03-5368-3503


  • お問い合わせはこちら
  • 開室日カレンダー