• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

ファカルティリンケージ・プログラム(FLP)
FLP演習教育活動に対する補助費等

1.補助対象となる教育活動と申請書の提出期限について

教育活動 提出期限
(1)見学調査
宿泊費が補助対象とならない調査活動

①宿泊を伴わない場合
原則として実施の2週間前(やむを得ない場合は、前日まで。ただし、特例措置として、実施日の前日まで、電子媒体による仮提出が可能。)

②(国内)宿泊を伴う場合
原則として実施の2週間前(やむを得ない場合は、前日まで。)

③(国外)宿泊を伴う場合
原則として実施の2週間前(やむを得ない場合は、前日まで。)

(2)国内で行う実態調査
宿泊費が補助対象となる国内の調査活動
原則として実施の2週間前(やむを得ない場合は、前日まで。ただし、4泊5日を超える時は2週間前まで。)
(3)国外で行う実態調査
宿泊費が補助対象となる国外の調査活動
原則として実施の2週間前(やむを得ない場合は、前日まで。ただし、5泊6日を超える時は2週間前まで。)
(4)「FLP演習」論文印刷製本 原則として実施の2週間前(やむを得ない場合は、前日まで。)
(5)「FLP演習」への特別講演 原則として実施の2週間前(やむを得ない場合は、前日まで。)

※前日が事務室閉室日の場合は実施の最も直前である事務室開室時間を提出期限とします。

〔参照〕
中央大学ファカルティリンケージ・プログラムに置かれるプログラムが開設する演習科目の教育活動に伴う費用の一部補助に関する取扱要綱 (442KB)

2.申請書の提出方法および記入に関する注意点について

所定の申請書を事前に事務室へ提出してください。担当教員の押印がない場合や事後申請の場合は、受付することができませんのでご注意ください。
なお、提出時には、FLP演習教育活動補助費申請書チェックリスト【学生用】で必要書類を確認の上、申請書とチェックリストを提出してください。
※申請書のダウンロードはこちらから。

【記入に関する注意点】

・FLP様式1(教育活動計画)

(1)以下、各項目につきまして、それぞれ8割以上、記入するようにしてください。

①活動内容
ゼミ活動全体についての内容ではなく、今回の調査活動について、調査先との関連性も明確にしたうえで、第三者が読んでもわかるよう詳細に記入してください。

②理由
上記の活動を行うに至った「理由」について、具体的に記入してください。

③期待される効果
今回の調査活動を行うことによって、今後のゼミ活動やプログラム全体、更にはFLP全体にもたらされるであろう効果について、調査との関連性を交えて記入してください。

(2)期間について、車中泊・機中泊がある場合、実際の出発日・帰着日を記載してください。

・FLP様式4-1(手土産代)

(1)「送り先」と調査活動の関連性についてもわかるように記載してください。

・FLP別添1(日程の概要)

(1)調査活動の日程が参加者によって異なる場合は、日程ごとに用紙を分けて作成してください。

(2)車中泊・機中泊がある場合、実際の出発日から帰着日までの日程を記載してください。

3.見学調査のうち宿泊を伴わない場合の電子媒体による仮提出について

見学調査のうち宿泊を伴わない場合の申請については、調査の性格を考慮して電子媒体による仮提出することができます。直前に見学調査の活動が決まり、事務室窓口への申請書の提出が間に合わない場合は、見学調査実施日の前日までに電子媒体による仮提出を行ってください。
なお、宿泊を伴う場合には、電子媒体による仮提出は認められません。

【電子媒体による仮提出の方法】
  1. 「見学調査」の申請書をダウンロードする。
  2. 申請書に必要事項を入力する。
  3. 内容を確認の上、flp@tamajs.chuo-u.ac.jp宛にメールを送信する。
  4. 後日、全学連携教育機構事務室から、申請者に対して受信確認のメールが送信される。
  5. 演習担当教員に、申請書に捺印を押してもらい、事務室に提出する。
  6. 調査終了後、参加(予定)学生の出欠状況を報告し、事後提出書類がある場合は、事務室に提出する。

※1~3は、必ず見学調査実施日の前日までに行ってください。

※5~6は、調査終了後1週間以内までに行ってください。

4.国外調査時の注意点について

国外調査時には、渡航前に海外旅行傷害保険に加入した上で、その保険証券のコピーと「FLP演習」履修学生の海外旅行等に関する同意書の提出が必要となります。
なお、海外旅行傷害保険について、学校法人中央大学と契約をしている保険もありますので、本保険を利用する場合には出発日の4週間前までに全学連携教育機構事務室へ連絡してください。
*保険料は自己負担で、「FLP演習活動補助費」の対象ではありません。

5.FLP演習教育活動補助費に関するQ&A

6.その他の活動支援について

文房具等が必要な場合は、あらかじめ事務室にご相談ください。貸与出来る場合があります。

お問い合わせ

全学連携教育機構事務室

〒192-0393
東京都八王子市東中野742-1


042-674-3663

(FLPほか、全学的教育プログラムに関するお問い合わせ専用電話番号)


  • お問い合わせはこちら
  • 多摩探検隊
  • 学びの回廊
  • HAKUMON Chuo