• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

ファカルティリンケージ・プログラム(FLP)
環境プログラム

地球環境問題など、社会経済システムがもたらす深刻な環境問題は、全ての人間活動に関連して発生する問題であり、その解決には、多様な観点からアプローチが求められます。政府や自治体・民間企業など、日本社会としてどのような取り組みが必要なのかを学修し、より良い解決策が立案できる人材を育成します。

将来の進路

本学の大学院および国内外の大学院への進学をはじめ、環境の専門家として法律家、会計人、公務員、国際公務員、政治家や研究者などを目指します。

<2016年度までの修了生の主な就職・進学先実績>

東北電力、トヨタ自動車、三井住友銀行、三菱UFJ東京銀行、住友信託銀行、三菱UFJ信託銀行、日本放送協会(NHK)、河北新報社、博報堂プロダクツ、リクルート、INAX、小松製作所、シャープ、東芝、住商スチール、住友重機械エンバイロメント、日立ビルシステム、富士ゼロックス、富士通、住友林業、日本電設工業、千代田化工建設、日本工営、住友化学、三井化学、凸版印刷、資生堂、イトーヨーカ堂、クオール、JTB法人東京、エイチ・アイ・エス、小田急箱根ホールディングス、ヤマト運輸、新日本有限責任監査法人、日本自動車連盟(JAF)、国家・地方公務員(農林水産省、公正取引委員会、会計検査院、北海道庁、東京都庁、埼玉県庁、岐阜県庁、日野市役所、習志野市役所など)、東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻、東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻、上智大学大学院地球環境学研究科、筑波大学大学院生命環境科学研究科、慶應義塾大学法科大学院、中央大学法科大学院、中央大学大学院(経済学研究科、理工学研究科、公共政策研究科)など

修了要件

【2016年度入学生】
科目区分 授業科目 単位 配当年次 設置学部 最低修得単位数
講義科目 プログラムが指定する
各学部の講義科目
1~4 所属学部又は他学部 10単位※ 22単位
演習科目 FLP演習A 4 2 所属学部 12単位
FLP演習B 4 3
FLP演習C 4 4

※「環境自然科学」と「環境人文・社会科学」の区分からそれぞれ2単位以上修得し、かつ合計10単位の修得が必要です。

【2014・2015年度入学生】
科目区分 授業科目 単位 配当年次 設置学部 最低修得単位数
講義科目 プログラムが指定する
各学部の講義科目
1~4 所属学部又は他学部

20単位※

32単位
演習科目 FLP演習A 4 2 所属学部 12単位
FLP演習B 4 3
FLP演習C 4 4

※「環境自然科学」と「環境人文・社会科学」の区分からそれぞれ4単位以上修得し、かつ合計20単位の修得が必要です。

カリキュラム表

2016年度入学生(92KB)

2015年度入学生(73KB)

2014年度入学生(71KB)

2015年度活動報告

所属学部 教員氏名 活動報告
(以下をクリックしてください)
牛嶋 仁 演習A、演習B、演習C(809KB)
中澤 秀雄 演習A、演習B、演習C(676KB)
ヘッセ、スティーヴン 演習C(673KB)
星野 智 演習A(666KB)
経済 佐々木 創 演習A、演習B、演習C(691KB)
田中 廣滋 演習A、演習B(673KB)
薮田 雅弘 演習B(674KB)
西川 可穂子 演習A(728KB)
理工 大内 俊二 演習A、演習C(675KB)
西田 治文 演習A、演習B、演習C(666KB)
総合政策 ハリスン、ブライアン 演習A、演習C(668KB)
横山 彰 演習B、演習C(674KB)