• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

教育改革の取り組み(COE/GP関連)
グローバル化に対応した法曹養成プログラム

1.「専門職大学院等における高度専門職業人養成教育推進プログラム」とは

国公私立の大学が行う、産業界、学協会、職能団体及び地方公共団体等との連携に基づいた教育方法等の充実に資する先導的な取組について、国公私を通じた競争的な環境の中で重点的に支援することにより、高等教育機関における高度専門職業人養成等の一層の強化を図ることを目的としています。
中央大学は、平成20年度に法科大学院で1件選定されました。

2.平成20年度に選定されたプログラム

(取組名称)

「グローバル化に対応した法曹養成プログラム」

(取組概要)

司法制度改革の一環として導入された法科大学院制度は、プロセスとしての法教育の実質化に資する目的を有しているが、その本質的な達成を果たす上では、法曹を目指す者にグローバル化社会への対応能力を涵養すると共に、国際社会で活躍できるキャリア・パスの体系的な形成支援が喫緊の課題となっている。
本取組は、法科大学院及び司法試験制度を踏まえた国際的なキャリア・パス形成実現のために、法科大学院1年次から3年次の在籍学生、さらには司法修習前後の全ての修了者までを対象として、①海外の法律事務所・研究教育機関と連携した海外での教育・研修、②海外の専門家を招聘し国内で実施する教育・研修、③グローバル法曹としてのコミュニケーション・スキルアップ・プログラム、④法理論と法実践のグローバル化に関わる調査・研究、⑤積極的な情報発信、等の実施により、既存の外国法教育を超えた実践的国際法曹養成プログラムを展開するものである。

(共同取組大学)

中央大学、琉球大学、明治大学