• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

ファカルティリンケージ・プログラム(FLP)
藪田雅弘ゼミ

作成年度 2016年度
プログラム名 FLP環境プログラム
ゼミ名 薮田雅弘ゼミC
タイトル FLP薮田雅弘ゼミ 論文集
目次

2014年度共同論文
佐渡におけるエコツーリズムの展開と環境保全:生物多様性保全と持続可能な地域発展

2015年度共同論文
栃木市における蔵の街の景観保全と観光発展

2016年卒業研究論文
古民家の価値について-活用と事業創造の観点から-
日本における農業問題と政策の検討~持続可能な農業及び地域発展:栃木県を中心に~
広島における日本の平和学習-日本における平和思想の展開と学び
金融機関における戦略的CSRの位置付けと課題

作成年度 2013年度
プログラム名 FLP環境プログラム
ゼミ名 薮田雅弘ゼミC
タイトル FLP環境 薮田ゼミ 2013年度論文集
目次

「わが国における景観保全とまちづくりの展開 ―景観形成における住民関与とその政策的インプリケーション―」

第1章 景観形成の課題と展望

第1節 論文の目的
第2節 景観と景観法
第3節 構成の説明

第2章 景観をめぐる先行研究のレビュー

第1節 景観へのアプローチ
第2節 研究から得られる示唆

第3章 景観形成のガバナンスと地域

第1節 景観法の制定と景観計画 ―地域住民の関与―
第2節 具体的事例:八王子市

第4章 ケーススタディ ―八王子市における住民の意識調査―

第1節 アンケート調査概要
第2節 分析・仮説検証
第3節 検討

第5章 おわりに

参考文献・参考資料・アンケート

「石垣市における接続可能な観光発展の研究 ―地域観光資源の利用と保全―」

はじめに

第1章 観光のマクロ視点とミクロ視点

第1節 日本の観光の現状
第2節 石垣市の選定

第2章 石垣市の観光の現状

第1節 石垣市の概要
第2節 石垣市の観光にかかわる課題

第3章 石垣市における観光計画と政策

第1節 石垣市の行政政策
第2節 石垣市観光基本計画
第3節 各目標・施策についての検討

第1項 観光客数100万人
第2項 アジアを結ぶ国際交流結節点
第3項 宿泊数
第4項 自然観光資源
第5項 その他インタビュー等から考える石垣市の観光

第4章 石垣市におけるキャリングキャパシティ

第1節 石垣島の観光開発の現状
第2節 キャリングキャパシティの可変性

第1項 キャリングキャパシティとは
第2項 生態的収容力と社会的収容力

第3節 石垣市の現状と計画

第1項 観光客の増加傾向に対する宿泊施設の収容人数
第2項 石垣市のごみ問題
第3項 自然環境とインフラストラクチュア―

第5章 八重山ネットワーク

第1節 石垣市と八重山諸島

第1項 八重山圏域の現状
第2項 八重山圏域の計画と方向性

第2節 八重山ネットワーク

第1項 ネットワークの外部性
第2項 地域ネットワークの形成

第3節 八重山圏域での環境税の導入

第1項 八重山圏域における地域観光資源の保全
第2項 持続可能な観光と環境税
第3項 八重山ネットワークにおける環境税の導入
第4項 持続可能な観光と環境税

第6章 自然観光資源

第1節 石垣市におけるサンゴ礁

第1項 石垣市におけるサンゴ礁の存在
第2項 サンゴ礁基本情報
第3項 石垣市におけるサンゴ礁の実態
第4項 石垣市が抱えるサンゴ礁の課題・行政政策・保全活動
第5項 サンゴ礁保全の将来

第2節 石垣市における森林について

第1項 森林の役割と定量的な評価方法
第2項 石垣市の森林の現状
第3項 石垣市の森林への行政の規制・政策

第3節 石垣市における持続可能な観光 ―エコツーリズムの視点から

おわりに
巻末資料
参考文献・参考URL

作成年度 2007年度
プログラム名 FLP環境プログラム
ゼミ名 薮田雅弘ゼミC
タイトル エコツーリズムの研究Ⅱ -地域開発と環境保全の両立をめざして-
目次 地域開発とエコツーリズムの展開
-佐渡島と江の島におけるエコツーリズムの可能性-
地域における環境保全と開発
-真鶴町におけるエコツーリズムの展開と課題-
モンゴルにおけるエコツーリズムの展開可能性
作成年度 2005年度
プログラム名 FLP環境プログラム
ゼミ名 薮田雅弘ゼミC
タイトル エコツーリズムの研究 -地域開発と環境保全の両立をめざして-
目次 アジアにおけるエコツーリズムの展開
-モンゴル国の観光立国への潜在可能性-
エコツーリズム
-観光による地域経済の活性化を目指す-
エコツーリズムと世界遺産
-地域開発と環境保全-