• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

FD(ファカルティ・ディベロップメント)活動
教授法研修会

英語による授業実施スキル向上を目的として、専任教員を対象に英語による教授法研修会を実施しています。

  • 夏期:2017年9月12日~14日実施
  • 春期:2017年2月20日、23日、27日、3月5日、6日、8日実施

英語FD研修会について

2017年度は、実施時期を2期に分けて以下のコースを多摩キャンパス、後楽園キャンパスで実施しました。

夏期

  • Aコース「英語で効果的に教えるためのFD研修(実践編)(株式会社アルク提供)」
  • Bコース「英語で効果的に授業を行うテクニック(Basic)(株式会社アゴスジャパン提供)」
  • Cコース「スピーキング・スキル(Basic)(株式会社アゴスジャパン提供)」

それぞれ1日完結型の研修で実施し、延べ17名の教員が参加しました。

春期

  • Aコース「Learner Centered Classroom 研修」(株式会社アルク提供)
  • Bコース「Logical Classroom 研修」(株式会社アルク提供)
  • Cコース「英文アカデミック・ライティング研修」 (株式会社アルク提供)
  • Dコース「学生主体の授業を効果的に行うためのプランニング方法と実践」(株式会社アゴスジャパン提供)
  • Eコース「スピーキング・スキル」 (株式会社アゴスジャパン提供)
  • Fコース「外国語の教授法 教授法理論とクラスマネジメント法」 (株式会社アゴスジャパン提供)

それぞれ1日完結型の研修で実施し、延べ42名の教員が参加しました。

2016年度は、以下の2つのコースを多摩キャンパス、後楽園キャンパスで実施しました。

  • 「コミュニカティブで学習者を中心とした、英語でのクラス運営方法」(株式会社アルク教育社提供)
    1日完結型研修で実施し、延べ8名の教員が参加しました。
  • How to make classes more student-centred(株式会社アゴスジャパン提供)
    「活発な英語ディスカッション授業の運営方法」、「履修人数が多い⇔少ないおよび習熟度の高い⇔低い学生、それぞれに合う教授法」等の6テーマを実施し、延べ43名の教員が参加しました。

2015年度は、以下の2つのコースを多摩キャンパス、後楽園キャンパスで実施しました。

  • 「英語で効果的に教えるためのFD研修」(株式会社アルク教育社提供)
    1日完結型研修で、計11名の教員が参加しました。
  • 「英語で効果的に授業を行うためのスキルをテーマ別に学ぶ」(株式会社アゴスジャパン提供)

90分1コマの研修とし、テーマは、「学生に主体的に英語プレゼンテーションを行わせる方法」、「ビジネス英語導入の意義と効果的な指導方法」等の9テーマを実施。延べ85名の教員が参加しました。

2014年度は、「英語で効果的に教えるためのFD研修」、「リーディングの授業をコミュニカティブに行うためのFD研修」、「英語スピーキング力向上のためのFD研修」の3講座について、株式会社アルク教育社より講師を派遣いただき、多摩キャンパス、後楽園キャンパスで実施し、延べ57名の教員が参加しました

2013年度は、「講義とプレゼンテーション」、「ゼミとディスカッショングループ」、「少人数クラスのプランニングとマネジメント」、「アカデミックライティング」、「発音とGlobal Englishes」の5講座について、ブリティッシュ・カウンシルより講師を派遣いただき、多摩キャンパス、後楽園キャンパスで実施し、延べ97名が参加しました。

2012年度は、「アカデミックディスカッション」、「講義とプレゼンテーション」、「アカデミックライティング」の3講座について、ブリティッシュ・カウンシルより講師を派遣いただき、多摩キャンパス、後楽園キャンパスで実施し、延べ40名が参加しました。