• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

2012年度の取り組み

リオ+20「国連持続可能な開発会議:私たちが望む未来」に向けた中央大学としての宣言
「Chuo University Rio+20 Sustainability Initiative」

2012年6月、ブラジルのリオデジャネイロで「国連持続可能な開発会議:私たちが望む未来」(略称:リオ+20)が開催されます。
持続可能な開発を達成し、人々を貧困から救い出すためにはどうするのか。
また、持続可能な開発に向け、国際協力をどのように改善していくかが話し合われます。
本学でも、リオ+20に向け「Chuo University Rio+20 Sustainability Initiative」を宣言しました。
中央大学は、引き続きアカデミックインパクトイニシアティブを通じて、世界が抱える課題への挑戦を続けて参ります。

リオ+20とは?

1992年開催のリオデジャネイロ地球サミットから20年の節目に行われる国連持続可能な開発会議。
20年前の地球サミットでは各国が「アジェンダ21」を採択し、経済成長を見直し、社会的公正を高め、環境保護を実現するための青写真としました。

国連はこの20年という節目に、再び各国政府や国際機関、そして主要グループ1の参加を得て、貧困を減らしつつ、ディーセント・ワーク、クリーン・エネルギー、そしてより持続可能で公正な資源利用を促進できる幅広い賢明な措置への合意をめざします。 
リオ+20は、これまでのやり方を変えて、貧困を終わらせ、環境破壊に取り組み、未来への架け橋を築くための行動を起こすチャンスとなるのと同時に、すべての人々にとってより安全で公平な、クリーンで環境に優しく、より豊かな世界への道のりを定める歴史的な機会となるでしょう。