企業研究所研究叢書

 1.会計の社会的役割―「社会と会計」序説―

 2.MH原価の測定と改善―マテリアルズ・ハンドリングコストの研究―

 3.日本的経営論―藻利重隆博士古希記念―

 4.ME技術革新と経営管理―日・西独・英にみる工作機械企業の国際比較―

 5.経営戦略と組織の国際比較

 6.日本の企業・経営と国際比較

 7.情報社会の管理会計

 8.「日本的経営」の再検討

 9.日本ODAの総合的研究―タイにおける事例―

 10.教育訓練の日・独・韓比較

 11.現代企業の支配とネットワーク―日本とアメリカ―

 12.中国及び日本の会計・監査制度

 13.日本型経営システムの構造転換

 14.創立20周年記念 『わが国の管理会計―実態調査研究―』

 15.創立20周年記念 『金融システムの構造変化と日本経済』

 16.創立20周年記念 『中小企業の現状とこれからの経営―21世紀の中小企業経営―』

 17.創立20周年記念 『日中の金融・産業政策比較』

 18.創立20周年記念 『経営管理方式の国際移転―可能性の実現的・理論的諸問題―』

 19.Case Studies of International Marketing and International Business

 20.現代の経営革新

 21.タイ土着経済・社会の今日的位相―通貨危機をめぐる変容プロセス―

 22.21世紀の金融システム

 23.グローバリゼーションと多国籍企業

 24.グローバルな時代の経営革新

 25.組織文化と管理会計システム

 26.流通の理論・歴史・現状分析

 27.コーポレート・ガバナンスと企業価値

 28.日中の金融システム比較

 29.商業と市場・都市の歴史的変遷と現状

 30.高齢化社会における資産運用と金融システム

 31.現代企業の社会性―理論と実態―

 32.岐路にたつ日本経済・日本企業

 33.原価計算制度の回顧と展望

 34.経済学を再建する―進化経済学と古典派価値論―

 35.グローバル下の地域金融

 36.流通・都市の理論と動態

 37.日中の金融制度・金融政策比較

 38.医療ビジネスとICTシステム―医療を巡る今日的課題―

 39.Industrial Renaissance: New Business Ideas for the Japanese Company

 40.団塊の世代の仕事とキャリア―日本の大企業における大卒エリートのオーラル・ヒストリー―