社会科学研究所資料収集

 社会科学研究所は、主に政治学、法学、歴史学、経済学、社会学などを中心とした共同研究を推進するための図書、逐次刊行物、その他資料を収集、保存、提供している。資料の収集にあたって、次の基本方針を掲げている。

①逐次刊行物(特に外国雑誌)の整備

②政党、労働団体、農業団体の新聞・機関誌の収集

③地方政治に関する資料・統計書の収集

④労働関係資料の収集

⑤多摩地域関係資料の収集

⑥諸外国基本統計書の収集

 これらの資料は、他の5研究所の資料とともに、2号館4階研究所書庫に保存されている。外国雑誌の一部はオンラインジャーナルとして閲覧できる。研究所研究員であれば、自由に利用できる。

 このほか、中央大学には中央図書館をはじめとして、230 万冊以上の資料を所蔵している。これらの資料は、図書館の蔵書検索システムCHOIS(https://opac.library.chuo-u.ac.jp )から検索できる。また、ProQuestやEBSCOなどの各種データベース、世界各国の新聞・法令情報を検索できるNexis Uni、日経新聞をはじめとする国内の主要な新聞記事データベースなど、国内外の有用なデータベース、電子書籍、電子ジャーナルも充実している。詳細は、データベースリスト(https://www2.chuo-u.ac.jp/library/databasetop.htm )に掲載されている。