人文科学研究所研究叢書

Kenkyu Sosho (Research Article Collections)

70.『読むことのクィア 続 愛の技法』

69.『英文学と映画』

68.『英国ミドルブラウ文化研究の挑戦』

67.『モダニズムを俯瞰する』

66.『地域史研究の今日的課題』

65.『アメリカ文化研究の現代的諸相』

64.『続 英雄詩とは何か』

63.『文法記述の諸相 Ⅱ』

62.『アーサー王物語研究 源流から現代まで』

61.『島と港の歴史学』

60. 『混沌と秩序』

59. 『アフロ・ユーラシア大陸の都市と国家』

58. 『アップデートされる芸術』

57. 愛の技法

56. 『第二次世界大戦後のイギリス小説 ベケットからウィンターソンまで』

55. 英雄詩とは何か

54. 文法記述の諸相

53. フランス十七世紀の劇作家たち

52. 情報の歴史学

51. 映像表現の地平

50. アフロ・ユーラシア大陸の都市と宗教

49. 現代中国文化の光芒

48. 中華民国の模索と苦境 -1928~1949-

47. 伝統と改革 -一七世紀英国の詩泉をさぐる-

46. 档案の世界

45. 語りの諸相 -演劇・小説・文化とナラティヴ-

44. カトリックと文化

43. メルヴィル後期を読む

42. アルス・イノヴァティーヴァ

41. モダニズム時代再考

40. 続  剣と愛と  中世ロマニアの文学

39. ツェラーンを読むということ 詩集『誰でもない者の薔薇』研究と注釈

38. ケルト 口承文化の水脈

37. アジア史における社会と国家

36. 現代中国文化の軌跡

35. 民国後期中国国民党政権の研究

34. 剣と愛と 中世ロマニアの文学

33. 芸術のイノヴェーション

32. ハプスブルグ帝国のビーダーマイヤー

31. 近代作家論

30. 埋もれた風景たちの発見 ヴィクトリア朝の文芸と文化

29. ツァロートの道

28. 民族問題とアイデンティティ

27. 喪失と覚醒 19世紀後半から20世紀への英文学

26. 近代劇の変貌 「モダン」から「ポストモダン」へ

25. ケルト復興

24. イデオロギーとアメリカン・テクスト

23. アジア史における法と国家

22. ウィーン その知られざる諸相

21. 民国前期中国と東アジアの変動

20. 近代ヨーロッパ芸術思潮

19. ツェラーン研究の現在

18. 英国ルネサンスの演劇と文化

17. ヴィジョンと現実

16. ケルト 生と死の変容

15. 現代ヨーロッパ文学の動向 中心と周縁

14. 演劇の「近代」 近代劇の成立と展開

13. 風習喜劇の変容

12. 批評理論とアメリカ文学 検証と読解

11. 陽気な黙示録 オーストリア文化研究

10. 日中戦争 日本・中国・アメリカ

9. 近代日本の形成と宗教問題

8. ケルト 伝統と民族の想像力

7. 近代日本文学論-大正から昭和へ-

6. 二〇世紀後半のヨーロッパ文学

5. 民衆文化の構成と展開

4. イギリス・ルネサンスの諸相

3. 英国十八世紀の詩人と文化

2. 希望と幻滅の軌跡-反ファシズム文化運動

1. 五・四運動史像の再検討