保健体育研究所

研究所紹介

本研究所は、保健体育科学に関する共同研究を行い、スポーツ及び身体活動について、生理学、社会学、心理学などの基礎的及び実験的な研究を行い、学術の発展に寄与することを目的として1978年に設立された。
当初は健康科学、体力科学、体育科学の三つのプロジェクトチームで構成され、そのもとに、それぞれ2~3の研究班が組織されて研究活動が始められました。その後、研究体制の見直しがなされ、現在では、12の研究分野【学生の精神衛生研究、授業研究、学生の体力研究、野外運動研究、ヒューマンパフォーマンス研究、身体運動文化研究、スポーツ医学研究、高所トレーニング研究、スポーツ健康政策研究、知的障がい者・精神障がい者スポーツ研究、スポーツ認知・心理研究、システム生理学研究】において研究活動を展開している。