研究推進支援本部リサーチ・アドミニストレーター(URA)チーム

研究推進支援本部URAチームとは

研究推進支援本部 本部長
理工学部教授
加藤 俊一

中央大学研究推進支援本部URAとは?
URA(University Research Administrator)は、大学で、研究者と事務職員という職種・仕事の垣根を越えて働くスタッフです。 一人ひとりのURAはそれぞれのキャリアの中で、研究・教育・国際・ビジネス・科学コミュニケーションなどでの専門性の高い知見と経験を培ってきています。このようなバックグラウンドを生かして、中央大学の全学的な研究活動を活性化し、研究を通じた社会貢献を進めるために活動しています。具体的には、研究広報・資金獲得などのサポート、多様な研究者・産業界・市民や社会などのさまざまなステークホルダーと本学の研究・研究者を結ぶ学際研究の支援や産学官連携活動、さらには大学内外の研究活動に関するデータ分析とそれに基づいた研究支援方針の立案、研究推進のための環境整備などを担います。

お問い合わせ
メール:chuo-ura-grp@g.chuo-u.ac.jp
電話:03-3817-1674

メンバー紹介

シニアURA/産学連携担当
工藤 謙一

中大URAとしてチャレンジしたいこと

理工系,人文社会学系の先生方が一丸となって,大きな課題(例えばJSTの未来創造や大手企業,商社などからの寄付講座的な課題)に取り組んで,丸ごと中央大学で課題解決にあたる研究課題の獲得にチャレンジしたい.また,常に現場目線で,先生や学生,さらに企業にも喜ばれる産学連携を理念としてマッチングを心掛けています.

自己アピール

専門はメカトロニクス(精密位置決め,マイクロマニピュレーション),ポストハーヴェスト(低温操作,低温流通).科研費取得10回,審査員経験あり.民間企業,大学,地方独立行政法人と一人産学官連携を経験.趣味は,居酒屋探訪(地酒系),鉄分(乗り鉄ローカル系、メルクリンH0),元マイラー(SFC,JGC所持),林道ツーリング(JB23)&ソロキャンプ,旧車(1979年XL-500S,1981年E21ALPINAニコル物,1986年R-80所有)

経歴

民間企業研究員,(財)神奈川科学技術アカデミー専任研究員,東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻助手/助教,北里大学獣医学部動物資源科学科教授,(地独)青森県産業技術センター工業部門所長,青森県立保健大学客員教授を経て,2017年より中央大学にURAとして勤務.2019年中央大学研究開発機構 機構教授,2020年シニアURA.

研究推進担当
三田 香織

中大URAとしてチャレンジしたいこと

人文社会系研究の推進に取り組んでいきたいと考えています。人文社会系研究の価値や意味について広く伝えていくということで、産業界や社会一般というアカデミア外との連携にも興味があります。

自己アピール

専門は政治学、比較政治学、科学技術イノベーション政策です。クウェートの政治、中東湾岸国の政府と科学技術・イノベーションについて研究しています。政治哲学にも興味があります。良い音楽とビール(IPA)、海水浴、読書、バックカントリーキャンピングが好きです。キャンプしたことのある一番高い場所は、セコイア-キングスキャニオン国立公園フランクリン湖 (10,331ft)です。

経歴

カリフォルニア大学サンタバーバラ校(文学士)、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校(文学修士)、政策研究大学院大学 科学技術イノベーション政策プログラム博士課程在籍
カリフォルニア州立大学に勤務後、在米クウェート領事館文化部政府奨学金プログラムでアドバイザー/アシスタントディレクターを務める。2018年春に帰国し、同年9月より現職に至る。

研究推進担当
福井 智一

中大URAとしてチャレンジしたいこと

新しい学際研究を立ち上げる手伝いをやりたいです。理系文系問わず、これまで縁のなかった同士の交わりが化学反応を起こし、誰も見たことのなかった果実をつけるさまを見届けたいです。分野を問わず、さまざまな研究者の方々と一緒にワクワクするような活動をしたいですね。

自己アピール

専門は生物学(遺伝学)ですが、理系文系問わず無節操な知識欲が持ち味です。前職では科学コミュニケーターをやっていました。アカデミアの外との活動に興味関心がある方はぜひご相談ください。
趣味はブラジリアン柔術です。人体だけを使った寝技の攻防パターンに無限の可能性があることに魅了されています。

経歴

京都工芸繊維大学大学院卒(学術博士)。同大学ベンチャーラボラトリーで3年間のポスドクの後、青年海外協力隊としてケニア野生生物公社(KWS)にて環境教育に携わる。帰国後、ケニアで撮りためた写真で自然写真家として活動、個展開催、講演、コンテスト受賞など。のち予備校講師を経てJST日本科学未来館にて科学コミュニケーターとして、理系文系問わず様々な研究者とイベント開催、一般向け科学記事執筆など多数。2020年10月より現職。

研究広報担当
馬場 良子

中大URAとしてチャレンジしたいこと

中央大学で展開されているワクワクする研究活動を見える化し、研究の新しい価値をつくりだすことを、研究広報を通じて支援できればと思っています。

自己アピール

専門は原子核物理学(加速器実験)です。
研究に必要な予算を獲得するために研究者が忙しい日々を送る現実を目の当たりにして、研究支援をする専門人材が必要だと感じてURAを志しました。
二児の母として毎日てんやわんやしながら何とか生きています。
音楽と球技が好きで、子供が大きくなったら一緒にテニスをやるのが夢です。

経歴

博士(理学)(東京大学)
2013-2015年 日本科学未来館 科学コミュニケーター
2015-2020年 東京大学大学院理学系研究科URA
2021年1月より中央大学URA

2017年東京大学リサーチ・アドミニストレーターに認定
2019年東京大学シニア・リサーチ・アドミニストレーターに認定

産学連携担当
高田 佳奈

中大URAとしてチャレンジしたいこと

諸種の領域と芸術と社会を繋げることによって、より良い未来を築く道筋を作る手助けができればと考えています。
これまで主に芸術関係に深く関わってきましたが、文理様々な分野の研究者の方々とも接点を持ってきました。その結果、芸術と多領域との融合の重要性や蓋然性はもちろんのこと、芸術そのものの魅力や身近さ、どの分野とも連携することが可能なだけでなく私たちの身の回りにあるモノ全てが芸術と繋がりを持っているのだということを実感しています。
一つの分野を知っているだけではもはや強みを出すことができない時代になってきています。
どのような分野を融合すれば新しい技術が生み出されるのか最初から予見することは難しいことです。だからこそ、いろいろな分野に興味と繋がりを持ち続け、新しい知見を創り出すサポートとともにその活動を社会に広く伝え、還元する橋渡し役になることができればと思っています。

自己アピール

専門は芸術学と人類学です。 人が創り出す芸術的表現について、理論や技術、歴史などを文化人類学的見地から調査研究を行ってきました。
私は現在までの職務の中で、自分が主役になって場を作ったり導いたりするのではなく、主役になる人をバックアップすることに一番力が発揮できていることに気づき始め、それが自らの役割なのだということを自覚するようになりました。
私たちの日常は探求活動そのものです。日々の生活における探求や創意工夫は専門家だけが為すことではなく、万人が行っていくことです。一般的に私たちの人生は、平凡な日常に満たされています。ささいな選択、ささいな決断、その積み重ねが私たちを構成しています。 人生とは思いがけないもので、予期せぬ未来が新しい刺激をもたらし、私たちを驚かせることになることもあります。その刺激や驚きを与えてくれるもののひとつが研究や教育から生まれる「発見」なのだと思っています。

経歴

神戸大学大学院修了(学術修士)。同大学院博士後期課程中途退学。
各種学校美術講師、多摩美術大学大学院美術研究科助手を経て、国立研究開発法人産業技術総合研究所研究助手、TCL-多摩美術大学クリエイティブリーダーシッププログラムコーディネーターを務める。多摩美術大学非常勤講師兼任。2021年4月より現職。

研究推進(研究リスクマネジメント)担当
田中 圭

中大URAとしてチャレンジしたいこと

これまでの経験を活かして、中央大学において、研究者が安心して研究活動に取り組むことができる研究基盤機能整備のための一翼を担いたいと考えます。

経歴

関西圏の私立大学にて大学事務職員を経験後、複数の国立/私立大学・研究機関にて、人文社会系・理工系・医学系に関する研究管理業務を経験しました。2021年4月より現職。