研究所紹介沿革

1978年11月 大学附置の研究所として発足
1979年4月 研究所所長に津久井佐喜男氏(本学文学部教授・保健体育研究所研究員)が就任
1.健康科学プロジェクト
2.体力科学プロジェクト
3.体育科学プロジェクトの3部門で研究活動開始
1981年3月 保健体育研究所事業報告書発行
1982年3月 保健体育研究所事業報告書-2発行
1983年3月 保健体育研究所紀要第1号発行
1984年6月 特別共同研究班「84ナイトハイク研究」実施
1985年6月 特別共同研究班「85ナイトハイク研究」実施
1986年6月 特別共同研究班「86ナイトハイク研究」実施
1987年6月 特別共同研究班「87ナイトハイク研究」実施
1988年4月 研究所所長に石田武氏(本学法学部教授・保健体育研究所研究員)が就任
1988年11月 保健体育研究所「創立10周年記念講演会」開催
「スポーツ科学の果たす役割」
演者:松井秀治氏(スポーツ医・科学研究所所長)
1989年4月 1.健康科学部門
2.体力科学部門
3.体育科学部門
4.運動科学部門の4部門の研究体制開始
1991年4月 研究所所長に西谷明子氏(本学法学部教授・保健体育研究所研究員)が就任
1992年4月 研究部門体制を研究チーム体制に切り替え、新たに研究活動を開始
1992年10月 教職員健康・体力測定開始
1994年4月 研究所所長に石部安浩氏(本学法学部教授・保健体育研究所研究員)が就任
1998年11月 保健体育研究所「創立20周年記念シンポジウム」を開催
「21世紀のスポーツ-21世紀にスポーツの流れは変わるのか-」

演者:金子勝彦氏(サッカージャーナリスト)
吉村豊氏(本学理工学部教授)
山口秀夫氏(本学総合政策学部教授)
大日方邦子氏(NHKディレクター)

2000年4月 研究所所長に西谷明子氏(本学法学部教授・保健体育研究所研究員)が就任
2003年4月 研究所所長に石部安浩氏(本学法学部教授・保健体育研究所研究員)が就任
2006年4月 研究所所長に宮本知次氏(本学法学部教授・保健体育研究所研究員)が就任
2008年 7月 保健体育研究所「創立30周年記念講演会(Ⅰ)」開催
「オリンピックスポーツ」
演者:吉井妙子氏(スポーツジャーナリスト)
2008年11月 保健体育研究所「創立30周年記念講演会(Ⅱ)」開催
「オリンピックのすべて」
演者:舛本直文氏(首都大学東京教授)
2009年4月 研究所所長に加納樹里氏(本学文学部教授・保健体育研究所研究員)が就任
2010年10月 学術国際会議「第7回日独スポーツ科学会議」開催
2012年4月 研究所所長に影山義光氏(本学法学部教授・保健体育研究所研究員)が就任
2013年10月 研究所所長に布目靖則氏(本学文学部教授・保健体育研究所研究員)が就任
2015年11月 人体科学会第25回大会内の公開企画共催
「公開企画『死と生と』」
特別プログラム「ぼくがいま、死について思うこと」
基調講演:椎名誠氏(作家)

対談:椎名誠氏(作家)
目黒考二氏(文芸評論家・作家)

シンポジウム「死と生と」

進行:鮎澤聡氏(筑波技術大学准教授・人体科学会会長)
遠藤卓郎氏(筑波大学名誉教授

パネリスト:鮎澤聡氏(筑波技術大学准教授・人体科学会会長)
渡邉勝之氏(明治国際医療大学准教授)
高橋和子氏(横浜国立大学教授)
大門正幸氏(中部大学教授)

指定討論者:島薗進氏(上智大学グリーフケア研究所所長)
総合司会:宮本知次氏(本学法学部教授・保健体育研究所研究員)
2018年4月 研究所所長に加納樹里氏(本学文学部教授・保健体育研究所研究員)が就任
2018年6月 保健体育研究所「創立40周年記念展示」開催
「オリンピック・パラリンピックと中央大学」
展示期間:2019年6月25日(月)~6月29日(金)
開催場所:多摩キャンパス中央図書館1階エントランスホールおよび2階カウンター前
2018年7月 保健体育研究所「公開シンポジウム」開催
「2020を目指してー日韓レスリングの国際交流」
演者:李 オル氏(韓国・白石大学レスリング部監督)
「2020韓国代表選手養成とナショナルコーチを目指して」
李 正根氏(中央大学レスリング部コーチ)
「2020を目指す中大レスリングの選手養成、現状と課題」
2018年7月 保健体育研究所「創立40周年公開講演会」開催
「スポーツにおける熱中症と実践的暑さ対策」
演者:長谷川博氏(広島大学大学院総合科学研究科教授)
2018年12月 保健体育研究所「創立40周年記念講演会」開催
「オリンピックとアスリートセカンドキャリアに対する思い」

演者:室伏由佳氏(株式会社attainment代表取締役・本学法学部兼任講師)
飯塚翔太氏(ミズノトラッククラブ所属・リオデジャネイロオリンピック銀メダリスト)
コーディネーター:村井剛氏(本学法学部准教授・保健体育研究所研究員)