企業研究所『価値創造と分散型市場設計』

42『価値創造と分散型市場設計』

(有賀 裕二 編著,2020年7月刊,499ページ,定価6,100円<税別>)

はしがき 有賀 裕二
序 章 IoT/AI時代の分散型市場設計 有賀 裕二
第Ⅰ部 AI経済学とAI市場設計
第1章 金融市場における人工知能技術の現状と課題 和泉  潔
第2章 金融時系列の性質とU-Mart実験 山田 隆志
第3章 人工市場研究シミュレータのデフォルトセット 中島 義裕・森 直樹・有賀 裕二
第4章 人工先物市場における取引エージェント  喜多  一
第5章 市場の生成と人工市場実験 谷口 和久
第6章 奇跡とゼロサムゲーム 森谷 博之
第Ⅱ部 サービス科学と価値創造
第7章 サービスデザインに関する活動とイノベーション 澤谷由里子
第8章 サービスサイエンスのための社会シミュレーション 水田 秀行
第9章 エージェントベースシミュレーションによるサプライチェーン分析 佐藤  浩
第10章 eスポーツのビジネスモデル 小山 友介
第11章 AI時代の学びの課題 河野 善文
第Ⅲ部 ネットワーク分析と分散型市場設計
第12章 企業サイズの分布と成長 藤原 義久
第13章 実体経済ネットワーク上での外生的ショックの波及シミュレーション 井上 寛康
第14章 ブロックチェーンと機械学習がもたらす金融取引ネットワークの変革 池田 裕一
第15章 投資SNSの大規模構造とサブ・ネットワーク 末木 将史
第Ⅳ部 社会経済システムの進化論的分析と計算機科学
第16章 経済物理学から計算社会科学へ 水野 貴之
第17章 知識科学・進化経済学におけるTacit Knowing 橋本  敬
第18章 社会ジレンマ計量のための数理的枠組み 谷本  潤
第19章 RMTテスト-ランダム行列理論に依拠した乱数度計測法の開発と応用 田中美栄子