企業研究所『グローバリゼーションと多国籍企業』

23 『グローバリゼーションと多国籍企業』

(徳重昌志、日高克平編著、2003年10月刊、309ページ、定価 3,900円)

序文
第1章 グローバル経済の矛盾 鶴田 満彦
第2章 グローバル化の進展と国際関係―多国籍企業による「覇権」獲得への挑戦― 岩田 勝雄
第3章 経済のグローバル化と投資銀行業の多国籍的展開
―世界の金融再編とウォール街の経済ヘゲモニー―
山田 博文
第4章 グローバル競争下の企業集団 鈴木 健
第5章 企業集団的結合の変容―三菱集団を例に― 工藤 昌宏
第6章 多国籍企業と産業集積―バーミンガムの教訓― 小林 世治
第7章 小売業におけるグローバル調達の意義とその実像
―スーパーの生鮮食品調達にみるグローバル化とローカル化―
木立 真直
第8章 日中貿易摩擦と二国間経済・貿易関係について 陳 建
(酒井 正三郎訳)
第9章 産業空洞化と日本経済 徳重 昌志
第10章 グローバル化時代の多国籍企業経営論 日高 克平