企業研究所『現代企業の支配とネットワーク―日本とアメリカ―』

11 『現代企業の支配とネットワーク―日本とアメリカ―』

(高田太久吉/ベス・ミンツ/マイケル・シュワーツ編著1996年3月刊、397ページ、 定価 3,045円)

第1部 現代日本企業の支配・メインバンク制度・ネットワーク  
第1章 「従業員支配企業論」の検討 村田 稔
第2章 戦後日本の企業と銀行―メインバンクを中心として― 鈴木 健
第3章 メインバンク制に関する一考察
―産業政策とコーポレートガバナンスの観点から―
鹿児嶋 治利
第4章 企業集団的結合の構造と展開 工藤 昌宏
第5章 わが国における金融の自由化と金融資本の再編成 建部 正義
第6章 大企業と大手金融機関の多面的関係―日・米比較― 松井 和夫
第2部 現代アメリカ企業の支配・資本形成・ネットワーク  
第7章 銀行ヘゲモニーの作用と企業厚生―貯蓄貸付組合(S&Ls)の救済― デイビッタ S.グラスバーグ
ダン スキドモア
第8章 銀行融資と企業取締役の派遣―経営資源フローと企業間ネットワークの関連― マーク S.ミズルキ
シンーカプ ハン
グェンドリン A.ドーディック
第9章 金融資本と不均等発展―銀行資本と1980年代乗っ取り防止立法― ゲーリー P.グリーン
第10章 1960年代アメリカにおける企業買収の対象―権力構造と政治的文化的要因― ドナルド パーマー
ブラッド M.バーバー
第11章 私的資本形成と公的資本形成の関連―アメリカにおけるヘルスケア制度の発展によせて― ベス ミンツ
マイケル シュワーツ
第12章 アメリカ銀行業の階層的構造と銀行間取引―コルレス関係を基礎とする資金集中メカニズム― 高田 太久吉
補論 1930年代アメリカの資本集中についての覚え書き 呉 天降