企業研究所『流通の理論・歴史・現状分析』

26 『流通の理論・歴史・現状分析』

(木立 真直、辰馬 信男編著、2006年8月刊、240ページ、定価3,000円<税別>)

はしがき
第1章 企業の理論の形成のために
―利潤追求活動と共同体の共存理論の構築―
松尾 秀雄
第2章 電子マネーの貨幣論的考察 山口 重克
第3章 マーケティングの矛盾とその顕在化としての消費者参加 高橋 和敬
第4章 ハンザ都市ハンブルクの発展と醸造業 斯波 照雄
第5章 環境要因の変化と小売企業の戦略的行動
―イギリスの食品小売業を中心にして―
許 俊
第6章 小売主導型流通システムの進化とその展開方向
―戦後食品流通の展開過程と小売革新を踏まえて―
木立 真直
第7章 共同商品開発におけるコンビニエンス・ストアと製造企業との関係性 堂野崎 衛
第8章 航空産業における流通チャネルの垂直的支配と不公正競争
―情報化の進展とCRSおよびGDSをめぐる問題を中心として―
塩見 英治
第9章 サッカーファン・コミュニティと未来型コミュニティの形成条件
―ITとのシナジー的連関性―
福田 豊