企業研究所『日本的経営論―藻利重隆博士古希記念―』

3 『日本的経営論―藻利重隆博士古希記念―』

(中央大学企業研究所編、1982年1月刊、365ページ、定価 2,625円)

まえがき 岩尾 裕純
Ⅰ 日本的経営の意義とその機能 岩尾 裕純
Ⅱ 藻利重隆教授の日本的経営論 加治 敏雄
Ⅲ 金融資本集団における総合商社の役割―三菱の場合を中心として― 松本 正徳
Ⅳ 経営者支配と会社支配 村田 稔
Ⅴ 現代日本企業の財務構造の特徴―業種間差異と米・英・西独企業との比較を中心にして― 岩田 巌雄
高橋 由明
Ⅵ 総務部の位置とその機能 本間 郁男
Ⅶ マーケティングの日本的特徴 坂部 和夫
Ⅷ 技術開発と技術者 池上 一志
Ⅸ 生産のオートメーション化と作業労働―「日本的経営」研究の一環として― 林 正樹
Ⅹ わが国上場製造業474社の企業評価―多変量解析手法の適用― 中江 剛毅
ⅩⅠ 日本的労使慣行のアメリカ化 長谷川 廣
ⅩⅡ 日本海運・造船史論 山下 幸夫
藻利重隆博士略歴および著作目録抄