企業研究所『コーポレート・ガバナンスと企業価値』

27 『コーポレート・ガバナンスと企業価値』

(石崎 忠司、中瀬 忠和編著、2007年3月刊、283ページ、定価3,500円<税別>)

はしがき
第Ⅰ部 コーポレート・ガバナンスの本質と戦略  
第1章 コーポレート・ガバナンス論の本質と経営者支配 跡部 学
第2章 コーポレート・ガバナンスの日米比較
―その背景と本質―
高橋 浩夫
第3章 日本企業の経営革新と国際会計基準
―コーポレート・ガバナンスの観点から―
澤 悦男
第4章 わが国における資本市場ネットワークの変容
―IR・アナリスト・ガバナンス―
北川 哲雄
第5章 配当政策とコーポレート・ガバナンス 榎本 善昭
第Ⅱ部 企業価値の追求と評価  
第6章 企業のパフォーマンスとガバナンス構造 小山 明宏
第7章 金融・資本市場における市場参加者による企業価値評価 高橋 豊治
第8章 株主価値(評価)とキャッシュ・フロー 西山 徹二
第9章 「企業の価値」と株主価値経営 中瀬 忠和
第10章 企業価値の二面
―一元的企業価値から多元的企業価値へ―
石崎 忠司