企業研究所『経済学を再建する―進化経済学と古典派価値論―』

34 『経済学を再建する―進化経済学と古典派価値論―』

(塩沢 由典, 有賀 裕二編著、2014年3月刊、545ページ、定価6,800円<税別>)

まえがき
提案編
第1章 なにが必要か
―経済学再建のために―
塩沢 由典
第2章 進化経済学の可能性 塩沢 由典
第3章 価値と数量の二重調整過程 塩沢 由典
第4章 古典派価値論のリドメイニング 塩沢 由典
第5章 新しい国際価値論とその応用 塩沢 由典
討論編
第6章 生産と消費の古典派経済観の発展的分析 有賀 裕二
第7章 ネオ・リカーディアンの差額地代理論の数学モデルについて 浅田 統一郎
第8章 価格と数量の同時決定体系への転換
―経済学観の分岐点―
吉井 哲
第9章 モデル科学としての経済学
―J.S.ミルの経済学方法論から考える―
瀧澤 弘和
第10章 P.H.ウィクスティードにおける「資源配分」と「所得分配」の原意 井上 義朗
第11章 動学的比較優位とアジアの再台頭 横川 信治
第12章 雁行形態発展論と東アジアの国際生産・貿易ネットワーク
―中間財貿易の古典派理解による理論化―
植村 博恭
参考文献
あとがき
索引