• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

東洋史学専攻
新免 康(しんめん・やすし)教授

専門分野

18~20世紀の中央アジア史(とくに中国領中央アジア)

担当授業

アジア地域史(2)、東洋史演習(4)・(9)など

著書

  • 『中国少数民族事典』(共著)、東京堂出版、2001年
  • "The Eastern Turkistan Republic (1933-34) in Historical Perspective", Islam in Politics in  Russia and Central Asia, Kegan Paul,  2001
  • 『新疆ウイグルのバザールとマザール』(共著),東京外国語大学、2002年
  • 「中華人民共和国期における新疆への漢族の移住とウイグル人の文化」『民族の移動と文化の動態:中国周縁地域の歴史と現在』、風響社、2003年
  • "The History of the Mausoleum of the Ashab al-kahf in Turfan", Memoirs of the Research Department of the Toyo Bunko, No.61, 2004

詳細情報は研究者情報データベースをご覧ください。

メッセージ

私がいまの仕事をしていて良かったと思うことの一つは、色々な国々の、色々な民族の人々と触れあい、いっしょに仕事ができたことです。皆さんも、大学生活や就職後の仕事の中で、世界のさまざまな民族の人々と知り合うことでしょう。その際、背景にある歴史や文化に関する勉強が、きっと役に立つはずです。