• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

東洋史学専攻
カリキュラム

悠久の歴史をたどる道しるべ。体系立ったカリキュラム。

わたしたちは、科目の幅広さと内容の深さ、学びの自由度に、自信とこだわりを持っています。そうした中大東洋史の魅力を支えているのが、確実に力を高めることのできるよう設計されたカリキュラムです。
1年次には、大学生活に必要なスキルや語学の基礎・東洋史の基本的な知識を固め、足腰を鍛えます。アラビア語やサンスクリット、美術史・考古学・史料論について学ぶ機会もあります。
2年次には、それまで身につけた語学力を生かして、文献史料講読の初歩を学んでいくと同時に、「東洋史学研究法」で東洋史学・近代歴史学の学術史や思考法を、「史学概論」で歴史理論・歴史哲学を、徹底的に勉強します。これは他では得られない、貴重な経験になるでしょう。また、各地域・時代を扱う専門的な講義や、各種の方法論を究める科目も、2年次から履修できます。
3年次になると、諸史料にじかに触れる演習科目(ゼミ)がはじまります。語学力はもちろん、基礎知識・理論・方法論・思考力といった、1・2年次に蓄えた力が試されます。卒業論文に備えて予備論文を課すゼミや、研究合宿を開くゼミもあります。
4年次には、大学での学びの総決算として、卒業論文を執筆します。どんなテーマでも自由に研究できることが中大東洋史の売りです。教員の支援も得ながら、持てる力を出しきってください。

卒業論文タイトルの例

  • 後ウマイヤ朝期コルドバの裁判官カーディー・アル・ジャマーアの権限
  • 同職組合の視点からみる前近代イスタンブルにおける芸能活動
  • ルーム・セルジューク朝領内におけるビザンツ出身貴族について―亡命貴族と婚姻を中心に―
  • モンゴル帝国の探馬赤(タンマ)制度―東西の比較を通して―
  • ティムール朝の文化の一考察―サマルカンドとヘラートを中心として―
  • カザフ・ハン国と清朝―辺境地域における関係を中心に―
  • ロシア帝国による中央アジア統治政策とムスリム社会―ジャディードを中心に―
  • 15~16世紀におけるマラッカ王国の発展
  • シンガポールの交易・発展について―主に19世紀の海峡植民地を中心に―
  • 蟲毒と陰陽―蛇信仰の視点から―
  • 「庶民派英雄」張飛の誕生
  • 太平天国―拝上帝会の確立と変質がもたらしたもの―
  • 蔡元培の教育思想と活動について―「美育」を中心に―
  • 1930年代後半から1940年代初頭における、中華民国とナチス・ドイツの経済交流
  • 戦後日本における中国人キャラクター像の変遷