• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

フランス語文学文化専攻
教員紹介

阿部 成樹(あべ・しげき)

生年:1962年
学位(取得大学):美術史学博士(パリ第1大学)
専門分野:フランス近代美術史

著書・論文:

  • Ingres et l'art davidien, thèse de doctorat en histoire de l'art, Université de Paris-I, 1995, 2vols.
  • 「ダヴィッドとジロデ ──師弟関係のひとつのケースとして」中村俊春編『芸術家と工房の内と外 ──学習・共同制作・競争の諸相』京都大学、2013年
  • 「フォシヨンとクローバー:美術史と人類学のもうひとつの接点について」『日仏美術学会会報』第29号、2009年
  • 「追悼の政治 ──ジャック=ルイ・ダヴィッド《マラーの死》について」『表象』表象文化論学会編、第2号、2008年
  • 「響きあうかたち ──アンリ・フォシヨンと同時代の知的潮流」『美術史』美術史学会編、第162冊、2007年
  • アンリ・フォシヨン(阿部成樹訳)『かたちの生命』ちくま学芸文庫、2004年
  • ジャン・ラコスト(阿部成樹訳)『芸術哲学入門』白水社(文庫クセジュ)、2002年

小野 潮(おの・うしお)

生年:1955年生
学位:東北大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得退学
専門分野:19世紀フランス文学

著書・論文:

  • 《Traduire Todorov au Japon,Traduire Todorov en japonais》 ,Canadian Review of Comparative Literature,2006
  • 「批判的人間主義に向けて・T・トドロフ」『来るべき〈民主主義〉』(三浦信孝編)、藤原書店、2003年。
  • 翻訳ツヴェタン・トドロフ『越境者の思想』法政大学出版局、2006年。
  • 翻訳ジャン・ドリュモー『千年の幸福』新評論、2006年(杉崎泰一郎と共訳)
  • 翻訳ツヴェタン・トドロフ『バンジャマン・コンスタン』法政大学出版局、2003年。

加藤 京二郎(かとう・きょうじろう)

生年:1948年生
学位:中央大学大学院文学研究科博士課程満期退学
専門分野:フランス近代詩

著書・論文:

  • 「ヴェルレーヌの作為」『中大仏文研究』11号、1979年。
  • 「シャルル・クロスの詩人像」『中大仏語仏文研究』14号、1982年。
  • 「ランボー詩の展開」『ランボー』所収、駿河台出版社、1989年。
  • 「ミショーのABC」『中大仏語仏文研究』32号、2000年。
  • 「詩人の飲み物-ランボーと緑の妖精」『中大仏語仏文研究』35号、2003年。

斉木 眞一(さいき・しんいち)

生年:1953年生
学位(取得大学):文学博士(パリ第3大学)
専門分野:フランス現代小説

著書・論文:

  • Paris dans le roman de Proust, Paris, SEDES, 1996.
  • 「サン=ルイ島のスワン」『ユリイカ』2001年4月号。
  • 「『ジャン=クリストフ』の評価をめぐって」『芸術のイノヴェーション』、中央大学出版部、2004年。
  • 「プルーストによる1880年のフランス音楽」『アルス・イノヴァティーヴァ』、中央大学出版部、2008年。
  • 「1913年のプルーストと音楽」『思想』2013年11月号。

永見 文雄(ながみ・ふみお)

生年:1947年生
学位:東京大学大学院人文科学研究科仏文専攻博士課程中退
専門分野:フランス18世紀文学・思想史

著書・論文:

  • 「啓蒙のプロムナード-その1・アンソン提督とふたつのフランス小説-」『人文研紀要』45号、2002年。
  • 「ルソーと自然」『文学科紀要』94号、2004年。
  • 「エリザベートの悲しみ-オペラを見る眼・小説を見る眼-」『鈴木康司教授退職記念論文集』2004年。
  • 「<ルソーにおける自由の言説>のためのエスキース」『人文研紀要』2005年。
  • 『グローバル化と文化の横断』(三浦信孝・松本悠子編)、第2章「ヨーロッパとアメリカの史的形成」中の論文「ルソーと植民地主義―批判?無知?無関心?―」、中央大学出版部、2008年3月
  • 「パリにおける日本のプレザンス―現今におけるネオ・ジャポニスムについて―」、『日仏文化』76号、76頁~96頁、日仏会館、2009年3月1日
  • 「オルレアン大学を求めて―フランスにおける日本のプレザンスとネオ・ジャポニスム」、中央大学仏語仏文学研究会『仏語仏文学研究』41号、119頁~147頁、2009年3月
  • ≪ Regards d'étudiants japonais sur l'enseignement supérieur français ≫, (avec Claude Bourgeois), Le français dans le monde, pp. 47~54, 2010年1月
  • 『菩提樹の香り―パリ日本館の15ヶ月』、中央大学出版部、2010年11月
  • 「ジャン=ジャック・ルソーの生涯(1)」、中央大学文学部、『紀要 言語・文学・文化』108号(通巻235号)、1頁~38頁、2011年3月
  • 「ジャン=ジャック・ルソーの生涯(2)」、中央大学仏語仏文学研究会『仏語仏文学研究』43号、9頁~43頁、2011年3月
  • 『ジャン=ジャック・ルソー 自己充足の哲学』、勁草書房、590頁+40頁、2012年9月15日
  • 「ルソーにおける自然と庭園―ロベール理解のために」中央大学人文科学研究所『人文研紀要』第76号、87頁~128頁、2013年9月
  • ブリュノ・ベルナルディ『ジャン=ジャック・ルソーの政治哲学-一般意志・人民主権・共和国』(共訳)勁草書房、206頁+22頁、2014年2月
  • 『ルソーと近代-ルソーの回帰・ルソーへの回帰』(共編著)風行社、426頁、2014年4月

FERRIER,Michaël(フェリエ・ミカエル)

生年:1967年生
学位(取得大学)Ancien Elève de l'École Normale Supérieure, Agrégé de Lettres Modernes, Docteur es-Lettres et Arts de l'Université de la Sorbonne (Paris).
専門分野: • Littérature française (roman du XXe siècle : Céline, Proust, Perec…) et écrivains contemporains (Sollers, Quignard…) • Écrivains d'expression française (Khatibi, Kourouma, Kateb, littératures antillaise, mauricienne, réunionnaise, africaine…). • Relations entre les arts et la littérature : musique et littérature, philosophie et littérature, art contemporain et littérature. Les écrivains français et le Japon.

著書・論文:

Essais 著書 :

  • La Tentation de la France, la Tentation du Japon : regardes croisés, Arles, Ed. Picquier, 2003 (dir).
  • Céline et la chanson, essai, Tusson, Ed. du Lerot, 2004, 530 p.
  • Le Goût de Tokyo, anthologie, Paris, Mercure de France, 2008, 130 p.
  • Japon : la Barrière des Rencontres, essai, Nantes, Ed. Cécile Defaut, 258 p.
  • Maurice Pinguet, le texte Japon, introuvables et inédits, (Ed.), Paris, Ed. du Seuil, 2009, 209 p.

Romans 小説 :

  • Kizu (la lézarde), roman, Paris, Ed. Arlea, 2004, 80 p.
  • Tokyo, petits portraits de l'aube, roman, Paris, Ed. Gallimard, 2004 (Prix littéraire de l'Asie 2005, reed. Arlea poche, 2010, et Gallimard, 2010).
  • Sympathie pour le Fantôme, roman, Paris, Gallimard, 2010, 274 p.