• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

文学部
専攻紹介

国文学専攻 不変の美と輝きを放つ国文学をあらゆる領域から学ぶ。
専攻の特徴 日本文化への深い洞察と教養、国文学の専門的な知識を身に付けることができる。
物事・言葉に対する情報収集能力、そして分析力を養うことができる。
コンピュータを用いた情報処理技術等を身に付けることができる。
学びのキーワード 日本文学(上代文学~近現代文学)、国語学、漢文学、日本語教育
英語文学文化専攻 英語で理解し表現する力を着実に身に付け、英米文学と文化、英語学の知識を深める。
専攻の特徴 英語圏の大学で学ぶことができる英語力を身に付けることができる。
英米の文化と文学への理解を深めることができる。
「言葉としての英語」を分析し、人間の言語知識・習得・使用を明らかにする。
学びのキーワード イギリス文学、アメリカ文学、イギリス文化、アメリカ文化、英語学、第二言語習得
ドイツ語文学文化専攻 言語、文学、歴史、演劇、美術・・・ドイツ語圏の文化と社会を語学とともに学ぶ。
専攻の特徴 ドイツ語圏の文化や歴史、社会に関する知識を身に付けることができる。
十分な語学力を身に付けるとともに、異文化を理解する能力を養うことができる。
ドイツ語圏の文化・歴史・社会を日本と比較しながら考察することによって、複眼的でバランスの取れた考え方を身に付けることができる。
学ぶのキーワード ドイツ語圏の文学、文化学、言語学、歴史学、日独文化交流論
フランス語文学文化専攻 言葉からはじめてフランスの魅力をさまざまに研究する。
専攻の特徴 フランス語力を各自の関心と目的に応じて養うことができる。
フランスの文学と美術史の専門分野を深く学ぶことができる。
映画・服飾・料理等、フランスの多彩な文化に触れることができる。
学びのキーワード フランス語、フランス文学、フランス文化、フランス美術
中国言語文化専攻 自分なりの形で中国を知り、使える中国語を学ぶ。
専攻の特徴 それぞれの興味・関心に応じて中国古今の諸事情に関する幅広い知識を身に付けることができる。
中国語の実践的な運用能力を身に付けることができる。
中国に関する様々な情報を適切に分析する能力を身に付けることができる。
学びのキーワード 現代中国語、現代中国事情、中国古典文学、中国現代文学、日中比較文化、華語文化
日本史学専攻 過去の日本に起きた出来事を解明し、日本の将来を見据える。
専攻の特徴 日本の歴史に関する深い知識を身に付けることができる。
様々な事柄に対する高い情報収集力・分析力を養うことができる。
現代社会の諸問題の根源を理解することで、将来の日本や国際社会の方向性を見通す力を養うことができる。
学びのキーワード 日本史学(古代~近現代)、考古学、古文書学、政治・法制史、日本家族史、明治維新史
東洋史学専攻 現代社会の成り立ちを、アジアから、歴史から考える。
専攻の特徴 アジアの「これまで」を見極めるスキルを、現代社会の「これから」を創る力にすることができる。
「歴史とは何か」を徹底的に考え、歴史的思考力を鍛えることができる。
語学教育を重視。英語はもちろん、アジアの諸言語も身に付けることができる。
学びのキーワード 東洋史学(古代~近代史)、アジア史、イスラーム史、アフリカ史、アラビア語、サンスクリット語
西洋史学専攻 歴史上の出来事を多様な視点から学び、自分自身の歴史観を見つけ出す。
専攻の特徴 ヨーロッパを中心に、アメリカや古代メソポタミアの歴史を研究し、異文化への理解を深めることができる。
問題を発見し、史料を集め、答えを導く力を養うことができる。
外国語の史料を読解するために必要な高度な語学力を養うことができる。
学びのキーワード 西洋史学(古代~現代史)、オリエント史、教会史、ジェンダー史、軍事史、科学史
哲学専攻 世界の謎に正面から立ちむかい、新たなパラダイムを創り出す。
専攻の特徴 東洋や西洋の思想に関する知識、および語学について学ぶことができる。
東西の先人の思想を解釈することで、思索力を養うことができる。
物事を根本的に考える習慣を身に付けることで、直面した問題に対応できる力を身に付けることができる。
学びのキーワード 西洋哲学(古代~現代)、中国哲学、日本思想、倫理思想、科学哲学
社会学専攻 現代社会のあらゆる問題を、自分の頭と体をフルに使って解き明かす。
専攻の特徴 アンケート調査・観察調査・聞き取り調査等の手法を学び、幅広い領域を調査する実践的な力を養うことができる。
家族・性・若者・コミュニティ・産業・政治・犯罪・福祉・民族問題・文化等、社会問題を考える上での基礎知識を身に付けることできる。
調査データと分析に裏打ちされた意見をまとめ、論理的なプレゼンテーションができる技法を身に付けることができる。
学びのキーワード 社会調査、社会問題、国際フィールドワーク、グローバル化、家族、理論社会学
社会情報学専攻 メディアや情報が鍵を握る現代社会で、主体的に活躍する力を身に付ける。
専攻の特徴 メディア・コミュニケーションやメディア文化を、理論と実践を通じて学ぶことができる。
社会調査法やプログラミング、データ分析等、情報化社会を読み解く手法を学ぶことができる。
図書館情報学や情報システムに関連する知識を学び、技術を身に付けることができる。
学びのキーワード メディア・コミュニケーション、メディア文化、ジャーナリズム、社会心理学、社会調査、プログラミング、図書館情報学
教育学専攻 人の可能性を広げる力は、自分の可能性も広げる力。
専攻の特徴 教育に関する思想・歴史・制度・実践等について理解する力を養うことができる。
生涯学習の考え方や制度について学ぶことで、教育・文化活動を実践する力を養うことができる。
教育について問題意識を持ち、探究する力を養うことができる。
学びのキーワード 教育史、教育哲学、教育方法学、教育社会学、教育制度学、キャリア教育論、多文化教育学
心理学専攻 自由な雰囲気の研究室で、人の心の動きを理論と実証の双方から追う。
専攻の特徴 人の活動や心の動きに関する問題的を見つけ出す力を養うことができる。
心理学の理論に関する専門知識を身に付けることができる。
研究に関するデータの処理技術を身に付けることができる。
学びのキーワード 臨床心理学、カウンセリング、認知心理学、知覚・学習心理学、神経心理学、発達心理学、犯罪心理学