• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

西洋史学専攻
よくいただくご質問

私はフランス史に興味があり、西洋史学の勉強をしたいので、ぜひこの専攻に入りたいと思っています。しかし、その一方でインドや中国に関する歴史にも興味があります。
西洋史学専攻であっても西洋以外について学ぶことはできますか?
できます。中央大学文学部は、専門以外の授業も受講できるカリキュラムになっています。また、副専攻やFLPというシステムを使ったり、聴講したり、中大の図書館を使ったりして、自分の興味のあるテーマを並行して勉強することもできます。東洋史にも興味があるとのことですが、両方の歴史を学ぶと、例えば同じ政治的事件でも、東西でまったく見え方や書き方が違うことに驚くと思います。
ドイツが好きで勉強したいのですが、「ドイツ語文学文化専攻」じゃなくて、「西洋史専攻」に進んでも充分にドイツの勉強はできますか?
どの切り口からでもドイツを深く学ぶことは出来ますが、ドイツの過去の時代から学ぶことを選択すれば、西洋史を専攻されるのが良いと思います。西洋史学専攻に在籍しながら、ドイツ文学を材料にドイツの歴史を研究し、現在のドイツを知ることもできます。歴史学は、実に様々なジャンルを包括しているのです。
神話や宗教に興味があります。西洋史専攻ではそのような研究はできますか?
中大の西洋史では、古代メソポタミア史の教員が継続していたため、その分野の日本の拠点の一つとなっており、神話・宗教学に関した和洋の研究書や雑誌、辞書、楔形文字の原文や、図版資料、発掘の記録などが体系的に揃っています。最新の研究成果もどんどん入ってきています。中世史に関しても、教会、修道院文化、聖人伝説、当時の宗教的思想などを深く研究できます。(*なお、中大西洋史の大学院では、アメリカ人の教員が聖書学を英語でディスカッションする授業をはじめています。学生も聴講できます。)
西洋史関連図書の蔵書はどんなものが揃っていますか?
西洋史の専攻図書室(3号館7F)には、歴史学に関した和洋の図書、雑誌、辞書・事典、資料集、視聴覚資料(DVD、ビデオetc.)で、基本的なもの、重要なものは、ほとんど揃っています。その他、中大西洋史の歴代の教員が集めた研究資料があり、現在も最新の資料を常に収集しています。
なお、中大のメインの図書館である中央館では、様々なジャンルにわたる膨大な資料をコレクションしているので、こちらもぜひ活用してください。
他大学の西洋史学専攻や史学科よりも優れている点(特徴)。中大の西洋史で学ぶメリット。中大ならではというところは?
古代から現代まで、すべての時代をカバーする5人の教員がそろっている私立大学は日本では数少ないです。中大西洋史の教員は、それぞれの分野の第一線で活躍している個性豊かな方ばかりです。みなさん、授業は大変おもしろいですよ。各教員の業績や研究内容については、 西洋史独自のHPに詳しくのっています。 また、他大学にはない共同研究室、専攻図書室があり、1年から4年まで充実した研究ができる環境となっています。
卒論はどのようにして書くのですか?テーマ決めの時期はいつ頃?
一般的には、3年生の特別演習で指導の教員のもとに方向を決め、その特別演習の終盤で予備論文を書きます。4年になったら本格的に卒論指導を受け、同年の5月中旬には卒業論文のタイトルを決めます。最近は、進路が多岐にわたっていますので、留学や就職、大学院進学など個人的な計画がある人は、教員や大学の事務と相談してスケジュールを決めています。
ただ、卒論の提出期間は4年生(卒論未提出の4年生以上含む)の12月と決まっていますので、注意しましょう。具体的なテーマや卒論の書き方・ルールがわかるHPがありますので、こちらを参考にしてください。
西洋史学で取得できる資格はありますか?
西洋史で取れるのは、高校の地理歴史・公民、中学の社会の教員、あとは司書、学芸員など。必要な単位がそれぞれ違います。大学院の修士課程を出れば、高校の地理歴史、中学の社会の専修教員免許状が取れます。博士課程に進む人は、研究職をめざすことができます。
中大西洋史の院は、比較的最近博士課程が出来たのですが、大学教員、研究者、講師になる方が出ています。国際レベルの研究者を育てるべく、今後、院のカリキュラムはさらに充実していく予定です。
将来、大学院へ進学したいのですが、学部でどのように勉強すればよいですか?就職や経済的なことも心配です。
中大西洋史の院の受験ですが、1日目に英語と専門科目の試験(日本語による論述)、2日目に語学試験(英・独・仏から選択)と面接があります。そのため、まずは英語と、さらに研究したい地域の語学を、学部生の内に合格レベルまで修得していなければなりません。(アメリカ史、イギリス史に関しては、英語だけで受験できます。)また、卒論もしっかりとしたものが求められます。
それから、大学院や留学先で研究を続けるためには、経済的な基盤が大切です。奨学金(貸与・給付)やアルバイトで生活したり、仕事と研究を両立させている先輩もいます。現在は院生の進路も多岐にわたっています。博士課程まで進み、研究職につく人だけでなく、その能力を活かせる企業やマスコミに就職したり、高校などの教職につく人もいます。また、中大の院から海外に留学して博士論文を書き、国際レベルの研究者を目指す人も増えています。