• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

東洋史学専攻
松田 俊道(まつだ・としみち)教授

専門分野

前近代のイスラーム史、エジプトの社会史、アラビア語古文書

担当授業

基礎演習(1)、イスラーム前近代史、アラビア語(2)、アラビア語史料演習、東洋史概説(2)

著書

  • 『聖カテリーナ修道院文書の歴史的研究』中央大学出版部、2010年
  • 『サラディン』(世界史リブレット人24)山川出版社、2015年

詳細情報は研究者情報データベースをご覧ください。

メッセージ

映画「アラビアのローレンス」を見て感動し、一心不乱にアラビア語を学んだことを鮮明に覚えています。井筒俊彦『イスラーム文化』『イスラーム思想史』などを読み、新しい世界を発見した。アラビア語を習い始めたころ、井筒俊彦『アラビア語入門』(『井筒俊彦著作集』第2巻所収)を読んで、東洋学を学ぶうえでアラビア語の知識がいかに必要であるかを知った。

趣味

趣味はパン作り。もちろん腕はプロ並み。エジプト風パンを得意とする。 チェロを奏でる。サンサーンスのチェロ曲「祈り」を大聖堂のドームの下でパイプオルガンの伴奏で弾くことを夢見ている。