• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

国文学専攻
小野 泰央(おの・やすお)教授

研究分野 日本漢文学

平安時代の漢詩文と和文における漢詩文の影響、室町時代特に五山文学における抄物(漢詩文に注釈した書物)における中国詩論の影響、江戸時代にける明代清代の文学理論の影響を研究しています。

担当科目

日本漢文学:奈良時代から江戸時代まで作品において中国文化がどのように影響しているかを講義しています。
国文学基礎演習(1):江戸時代の版本と室町時代の写本を読解しています。

ゼミナール

研究対象

上代文学と、古典文学(上代・中古・中世・近世)における日本漢文学を対象とします。

指導方針

次のことに留意しながら進めます。

①「どのようなテーマが論文作成に結びつくのか」を考慮しながら「テーマを決めるということ」について考える。

②「分析方法にはどのような手法があるのか」を考慮しながら「論を展開する方法」を身につける。

③それを「どのようにすれば相手に伝わるのか」を考えながら発表方法を身につける。

卒論題目