• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

中国言語文化専攻
飯塚 容(いいづか・ゆとり)教授

1954年生まれ。東京都立大学卒、同大学院修了。中央大学文学部専任講師、助教授を経て、1996年より教授。

専門分野

現代中国演劇・小説

担当科目

現代中国文学、中国近現代文学演習、卒業論文

主な著訳書、論文

  • 余華『世事は煙の如し』(訳書、岩波書店、2017年)
  • 畢飛宇『ブラインド・マッサージ』(訳書、白水社、2016年)
  • 閻連科『父を想う』(訳書、河出書房新社、2016年)
  • 『中国の「新劇」と日本』(単著、中央大学出版部、2014年)
  • 「中国現代演劇と日本」(論文、『文学』第15巻第2号、2014年)
  • 「日本における高行健作品の翻訳と研究」(論文、中央大学文学部『紀要』第239号、2012年)
  • 『文明戯研究の現在』(共編著、東方書店、2009年)
  • 「魯迅作品の舞台化について」(論文、『日本中国学会学報』第59集、2007年)
  • 『「規範」からの離脱――中国同時代作家たちの探索』(共著、山川出版社、2006年)
  • 高行健『霊山』(訳書、集英社、2003年)

ひとこと

「現代中国文学」の授業では、20世紀初頭から現在までの主要な中国作家の短篇小説を精読します。すぐれた文学作品を通して、中国文学の魅力を知ると同時に、現代中国の歴史を背景とした人々の暮らし、中国社会の変遷を学んでいきましょう。