社会科学研究所第13号

社会科学研究所年報 第13号(2008年度)

2009年10月発行

論文

アメリカ革命をめぐる国制論
-リチャード・プライスのアメリカ論-
高橋 和則(1)
社会科学情報をインデックスする自律的シソーラスの考察 斉藤 孝(35)
文化政策と文化の享受能力 石垣 尚志(55)
永山ハウス竣工を前に
-その社会的意義についての考察-
石田 謙一(69)
企業文化と労働生活の相関分析
-国際比較-
石川 晃弘(87)
「相対」政党支持率と「相対」内閣支持率の安定性についての試論
-マスコミの世論調査の信頼性-
宮野 勝(97)
《概念》の地中海紀行あるいはイタリアにおけるヘーゲル受容の100年①
-ベルトランド・スパヴェンタのヘーゲル解説論文(1851)を中心に-
中村 勝己(115)

特別寄稿

受益者とともに公共活動を作り出せるか?
-1970年代以降のフランスにおける都市政策と文化発展を事例として-
アブデルアフィド・アムシュ(145)
安藤 裕介 訳

2008年度 社会科学研究所活動記録