社会科学研究所新着ニュース

2018年02月27日

公開研究会開催報告(研究チーム「社会変動」, 社会科学研究所)

 2018年2月16日(金)、多摩キャンパス2号館4階研究所会議室にて、下記の公開研究会を開催しました。

 

【日 時】 2018年2月16日(金)13:20~17:00

【場 所】 中央大学 多摩キャンパス 2号館4階 研究所会議室1

【主   催】 社会科学研究所 研究チーム「社会変動」

 

【プログラム】

 13:20-13:30  開会挨拶

 13:30-14:20  小熊 信 客員研究員(労働調査協議会主任調査研究員)

          「労働組合の組織の変化と担い手の意識」

 14:30-15:20  藤田 泰昌 氏(長崎大学経済学部准教授)

                          「国際政治の司法(化)の変遷を検証する

                           :紛争解決手続きが国際制度に備わる条件」

 15:30-16:20  石川 晃弘 客員研究員(中央大学名誉教授)

                          「脱社会主義諸国における所得格差の動態分析」

 16:20-16:50   総括討論

 16:50-17:00   閉会挨拶

  *各報告時間(30分)+質疑応答(20分)

 

【要 旨】

 第一報告「労働組合の組織の変化と担い手の意識」(小熊)では、労組の組織的変化と構成員の意識変化について記述し、その後、その変化を生み出した原因について論じた。第二報告「国際政治の司法(化)の変遷を検証する:紛争解決手続きが国際制度に備わる条件」(藤田)では、国際政治における紛争が制度化する原因について、質的比較分析を用いて検証した。第三報告「脱社会主義諸国における所得格差の動態分析」(石川)では、チェコとロシア(ソ連)における所得格差の変遷を長期的視点から確認し、その格差変動の原因を論じた。(研究チーム 記)